読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

マンガ・コミック-スポーツ

学生野球は”甲子園”だけではない!中学硬式野球での激闘が描かれる『BUNGO―ブンゴ―』【漫画感想】

石浜ブンゴには、何かにハマると異常なほどにとことんやり込んでしまう性質がある。 ”壁当て”にハマってしまったブンゴは、例え台風が来ようが気にせずに、家の壁に向かってボールを投げ続けていた。 だが、好きなのは壁当てだけで、野球をやったことはない。

元天才サッカー少年は、過去の輝きを取り戻せるのか『BE BLUES!~青になれ~』【漫画感想】

日本人に生まれて、サッカーをやっているなら日本代表のユニフォームを手に入れたい! 一条龍は、本気で日本代表になることを夢みているサッカー少年であった。 その目標に一歩づつ、確実に近づいていくために、まずは全国少年サッカー大会での優勝を目指して…

女子高生の涙は、6年後の”夏”へとつながっていく『最強!都立あおい坂高校野球部』【漫画感想】

都立高校教師・菅原鈴緒は、専用グラウンドもない都立野球部で甲子園を目指す女性監督である。 だがその熱血指導が災いして、春休み中の練習試合当日、全10人の部員中6人が退部届を残して逃げ出してしまった。 力を落とした鈴緒が諦めかけたそのとき、5人の…

同年同月同日に生まれた同い年なのに双子じゃない兄弟と妹の野球物語『MIX』【漫画感想】

立花兄妹は、同年同月同日に生まれた同い年なのに双子じゃない兄弟とひとつ違いの妹がいる。 兄と弟がやっているのは”野球”。 三人は、「上杉兄妹」が伝説を残した明青学園の中等部にいた。

薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム!その名を全国に轟かせられる『あさひなぐ』【漫画感想】

二ツ坂高校に入学した東島旭、15歳。 中学まで美術部だった旭は、「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム!スポーツに縁のなかった人間でも全国にその名を轟かすことができる」といううたい文句に感激し、薙刀部に入部する。

地元のサッカーチームを応援する女子高生たち『サポルト! 木更津女子サポ応援記』【漫画感想】

寂れた駅前、荒ぶるDQN…冴えない地元が好きになれない女子高生、室町花子はある日、ひょんなことからクラスの問題児・佐橋風夏に自転車ごと連れ去られる。 彼女が辿り着いた先は、サッカースタジアムであった。 風夏は、地元も木更津にあるプロサッカーチー…

女子サッカー部の”超”個性的プレイヤーたちの青春物語『さよなら私のクラマー』【漫画感想】

周防すみれは、才能溢れるサッカープレイヤーでありながら、チームメイトに恵まれずに中学時代輝くことなく終わったウイングであった。 そんな彼女に対して、ライバルである曽志崎緑は「一緒のチームに行こうよ、一人になんてさせないから」と声をかける。

サッカーはフィジカルだ。女が男に勝てるわけがない『さよならフットボール』【漫画感想】

恩田希は、サッカーを愛する14歳の少女であった。 彼女は女子であるのだが、体格に勝る男子と交じり、ひたむきにボールを追い回している。 彼女の今の目標は、”男子”サッカー部の新人戦に出場をすること。 しかし、監督は女子だと言うことを理由にして、出場…

選手応募要項は「脚のきれいな選手求む!」『フットボールネーション』【漫画感想】

サッカー雑誌の女性カメラマン・緒形は、ある時、アマチーム「東京クルセイド」の取材を命じられる。 そのチームの選手応募要項は「脚のきれいな選手求む!」 ふざけたチームだと、しぶしぶ河川敷に出かけた緒形だったが、そのチームで、とある才能に出会う。

日本のサッカーに革命を起こすことになる一人の少年の物語『アオアシ』【漫画感想】

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人。 粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めている少年である。 普通の学生プレイヤーに囲まれてサッカーをしている中でも、その巧みな技術を輝かせていた。

dokusyo geek ki