読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

ヲタバレしてフラれたンゴwwwwww『ヲタクに恋は難しい』【漫画感想】

マンガ・コミック マンガ・コミック-恋愛

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

 

「このマンガがすごい!2016」オンナ編一位の作品。

小学校と中学校の同級生で隠れ婦女子の桃瀬成海と特にヲタクであることを隠してないゲーヲタの二藤宏嵩による恋の物語を描いたのが本作の『ヲタクに恋は難しい』である。

二人とも社会人で仕事をしている。

同じ職場での偶然再会から物語は始まる。

完全な恋愛ものだが悪い人がいない系のお話なので終始、温かい気持ちで読むことができる。

コメディー要素も強め。

メインキャラは二人ともヲタクだが、作者の「ふじた」さんもまず間違いなくに「2ちゃんねらー」である。 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160311170805p:plain

 (出典:『ヲタクに恋は難しい』)

 

『ヲタクに恋は難しい』の見どころ

ヲタクどうしの恋愛

漫画の中は8割がたヲタクの二人がいちゃいちゃしたり、コメディーっぽいことをしたりとで進んで行く。

やや、大人向けの恋愛ものといったテイストの感じである。

家飲みしたり、マリオカートやモンスターハンターのようなゲームをしたり、コミケに出す新刊が間に合わなさそうだったりとヲタク活動もそうではない活動もしていく。

やはり作者は絶対に、ヲタクであると確信できる内容となっている

f:id:dokusyo_geek_ki:20160311171433p:plain

(出典:『ヲタクに恋は難しい』)

 

主要な登場人物

桃瀬成海

f:id:dokusyo_geek_ki:20160416065805p:plain

(出典:『ヲタクに恋は難しい』)

メインキャラの一人目でOLの桃瀬成海。

ヲタクで婦女子。

コミケに本を出版したりなどしている。

会社ではヲタクであることを必死に隠している。

可愛いのにいろいろと残念との定評がある。

<変顔バージョン>

f:id:dokusyo_geek_ki:20160416070146p:plain

(出典:『ヲタクに恋は難しい』)

 

二藤宏嵩

f:id:dokusyo_geek_ki:20160416070409p:plain

(出典:『ヲタクに恋は難しい』)

メインキャラの二人目でサラリーマンの二藤宏嵩。

廃人クラスのゲームヲタク。

ソロプレイ専門で暇があればゲームをしている。

桃瀬成海と同じ会社に勤めていて、中学校のときの同級生。

<女装バージョン>

f:id:dokusyo_geek_ki:20160416070749p:plain

(出典:『ヲタクに恋は難しい』)

 

小柳花子

f:id:dokusyo_geek_ki:20160416071230p:plain

(出典:『ヲタクに恋は難しい』)

成海と宏嵩の同じ会社の先輩。

男装専門のコスプレイヤー。

そちらの世界では結構有名なコスプレイヤー。

成海と仲が良くお互いニックネームで呼び合っている。

<男装コスプレバージョン>

f:id:dokusyo_geek_ki:20160416071151p:plain

(出典:『ヲタクに恋は難しい』)

 

樺倉太郎

f:id:dokusyo_geek_ki:20160416071942p:plain

(出典:『ヲタクに恋は難しい』)

同じく、成海と宏嵩の同じ会社の先輩。

メジャーな漫画・ゲームなどを好む一般的なヲタク。

小柳花子とは同じ高校出身で犬猿の仲。

やや強面気味。

<女装バージョン>

f:id:dokusyo_geek_ki:20160416072007p:plain

(出典:『ヲタクに恋は難しい』)

 

もう一組の恋愛模様は...?

成海と宏嵩のペアだけではなく「ヲタクに恋は難しい」では恋愛をするもう一組のペアが出てくる。

職場の先輩の小柳花子と樺倉太郎である。

基本的にはこの四人がメインで話が進んで行く。

この二人の恋の展開も要チェックである。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160311173023p:plain

 (出典:『ヲタクに恋は難しい』) 

 

最後に

「ちはやふる」「ハチミツとクローバー」などヒットする女性向け漫画は男が読んでも面白いことが多い。

過度にエグい描写などもなく、さっと受け入れられる。

この漫画もその例に合っている。

というか、「このマンガがすごい!2016」でオンナ編一位をとったのをみて、「えっ、これ女性向けだったの?」と気づいたくらいであった。

男子諸君であっても安心して読むことができる。

万人にオススメの漫画である。 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160311172234p:plain

(出典:『ヲタクに恋は難しい』) 

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki