読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

グルメ漫画のおすすめ作品を紹介する。食・料理漫画での美味しそうな漫画飯

おすすめ本 おすすめ本-マンガ・コミック

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

f:id:dokusyo_geek_ki:20160315231931j:plain

 

今、グルメ漫画が熱い!

漫画の中で料理をし、しかもそれが美味しそう!ということで「食べ物」を主題にした漫画がどんどんと増えている。

そんな「漫画飯」を扱った料理の美味しそうで面白い、食漫画・料理漫画・グルメ漫画・酒漫画をまとめてみた。

読んでいると思わずお腹の空いてきてしまう名作・人気作ぞろいである。

 

「無料」で漫画を読みたい人はこちらの漫画アプリがオススメです。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ

 

おすすめ「グルメ漫画」まとめ

ご飯系マンガ

くーねるまるた

 

マルタさんはポルトガルから来た貧乏だけど食いしんぼーな女の子。

築70年のおんぼろアパートで、慎ましいながらもエンゲル係数高めな一人暮らしを満喫中。

紅茶チャーシュー、鶏油炒飯、パン耳タルト、蟹風味のディップ...等々お金はなくても丁寧に。

春夏秋冬に合わせていろいろな料理にチャレンジしていく。

基本お金がそんなにないので「アイディア料理」といったメニューが多い。

ポルトガル料理も日本食もでてくる。 

何をしても、食べても幸せそうなマルタさんによる、ほのぼの系漫画。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160315233111p:plain

(出典:『くーねるまるた』)

 

甘々と稲妻

 

妻を亡くし、ひとりで娘の子育てに奮戦する数学教師・犬塚。

料理が苦手で小食で味オンチな彼は、ひょんなことから教え子・飯田小鳥と、一緒にごはんを作って娘と3人で食べることに。

愛娘&女子高生と囲む、両手に花の食卓ドラマ。

この漫画の最大の特徴はグルメ漫画なのにメインキャラの3人が全員料理初心者なところ。

完成する料理は、美味しそうであれば、そうでないことも(笑)。

しかし、お父さんは愛する娘のために日々、料理へと健闘していく。

グルメとホームドラマが混じり合った心が温かくなる作品。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160316000022p:plain

(出典:『甘々と稲妻』)

 

花のズボラ飯

 

単身赴任の夫を持つ主婦、駒沢花、30歳。

花は美味しいものが大好きだが、超の付く面倒くさがり屋。

なので、美味くてかつ楽な「ズボラ飯」を作って食べていく。

花のリアクションがいちいち面白い漫画。花の表情が素晴らしい。『孤独のグルメ 』の久住昌之が原作をしている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160528234428p:plain

(出典:『花のズボラ飯』)

 

忘却のサチコ

 

佐々木幸子、29歳。職業、文芸誌編集者。

仕事は順調、結婚も決まり、これまで完璧な人生を歩んできた。

だが、何と結婚式当日、式の途中に未来の旦那が式場から逃走。結婚の話は破談となってしまった。

振られたことがショックだし、元彼のことを忘れることができずに辛い日々を送る。

そのとき、ある日食べた料理をきっかけに、美味しいものを食べている間は彼のことを忘れられることに気がついた!

幸子の「忘却」へのグルメな日々が始まった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160528235428p:plain

(出典:『忘却のサチコ』)

 

サチのお寺ごはん

 

名前のとおり、いちいち不運な臼井幸。 ある日、いつものコンビニごはんを買っていたら、坊主3人組につかまってお寺でご飯を食べることとなった。

「精進料理」をテーマとした一風変わったグルメ漫画。

肉も魚もNG。

しかし、この漫画料理が本当に美味しそうで読んだ後の食べてみたさはピカイチ。

普通のOLのサチが、お寺で精進料理をどんどんと覚えていく。

すぐに漫画飯を実践できる丁寧な内容になっている。

これを読んだらもう唐揚げなんて食べられない!?

f:id:dokusyo_geek_ki:20160315235616p:plain

(出典:『サチのお寺ごはん』)

 

山賊ダイアリー

 

21世紀のリアルモンスターハンター!

現役猟師、兼マンガ家。岡本健太郎による狩猟&ジビエ喰い実録日誌。

猟師の作者が銃を片手に「かも」「うさぎ」「すっぽん」「いのしし」さらには「カラス」「マムシ」までを取ってきて食べちゃうお話。

いのししの解体の仕方から、カラスのおいしい食べ方まで覚えられちゃう超実践的なマンガ。

担当編集さんに騙してカラスの肉を食べさせるドッキリはひどいと思う(笑)

巻を進めていくにつれて作者は、どんどんと野生化したくましくなっていく。

生物、自然、食物連鎖の圧倒的な「リアル」がこの漫画に込められている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160321052313p:plain

(出典:『山賊ダイアリー』) 

 

ダンジョン飯

 

ダンジョンに挑もうとする冒険者・ライオス一行。

しかし、金も食料もなく、このままでは途中で飢え死にしてしまう

そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」

ドラゴンはステーキに、スライムは鍋に、マンドラゴラはオムレツにとモンスターを調理しながらダンジョン奥深くへと進んで行くグルメファンタジーコミック

設定が斬新、ご飯が美味しそう、ゆるーい雰囲気がなんかいいといくつかの要素のバランスがうまい具合に取れているのでこんなに面白いのかなと感じている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160329130513p:plain

(出典:『ダンジョン飯』)

 

新米姉妹のふたりごはん

 

両親の再婚により突然姉妹となったサチとあやり。

目つきの鋭いあやりに対しサチは物怖じし同居生活に大きな不安を感じてしまう。

そんな時、海外出張中の父親から届いた荷物は、なんと生ハムの原木で…。

義理の姉妹の二人が、二人っきりで生活を始めるところからストーリーが始まる。

お腹を満たすためにいろいろな料理に挑戦していく。

妹が料理上手で姉は基本食べるの専門。

仲睦まじく表情が豊かな作品になっている。 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160508231006p:plain

(出典:『新米姉妹のふたりごはん』)

 

食戟のソーマ

 

実家が下町の定食屋を営む中学生・幸平創真。

目標である料理人の父を越える為、創真は修業の毎日を送っていたが突然、父から料理学校への編入話を告げられ高校へと編入することとなる。

この学園が料理の修羅たちが集まるとんでもない学園だった。

主人公の創真が「食戟」と呼ばれる料理の美味しさを競うバトルで、立ちはだかる敵たちと次々と戦っていく。

おいしい料理を食べた人たちが「あ〜!!」することでも話題になった。

料理にはアイディアが詰まっていて美味しそう。

汗と唾液の滴る料理バトルマンガ。 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160316003617p:plain

(出典:『食戟のソーマ』)

 

ごほうびごはん

 

地方から上京した新人OLの池田咲子は慣れない仕事でお疲れ気味。

彼女の楽しみは、週に一度、自分を思いきりねぎらう「ご褒美ごはん」!

時にゴージャス(おもに給料日後)、時にショボい(おもに給料日前)彼女の食卓を覗き見れる。

いい表情をして、ご飯を楽しんでいる。周りの人々とも楽しくご飯を食べている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160529000740p:plain

(出典:『ごほうびごはん』)

 

だがしかし

 

のどかな田舎町にある駄菓子屋の息子・ココノツはある日、都会から来た美少女に出会う。

「うまい棒で最高の組み合わせを作って、私を満足させてごらんなさい!!」

「見せてあげるわ・・・ポテトフライの一番贅沢な食べ方・・・!!」

うまい棒、ブタメン、ラムネなどなど。駄菓子マニアの美少女・ほたるが繰り出す数々の駄菓子たちに、困惑するココノツ。

「駄菓子」を主題に扱ったマンガ。

誰もが食べたことのある昔懐かしさ駄菓子を食べて食べて食べまくる。駄菓子のウンチクも盛りだくさん。

主人公のココナツとヒロインのほたるなど、登場人物たちがいいキャラをしている。

コメディー要素も強め。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160316005518p:plain

(出典:『だがしかし』)

 

おとりよせ王子 飯田好実

 

毎日残業続きの平凡なSE、飯田好実の誰も知らない密かな楽しみ、それは全国の美味しいグルメを取り寄せること。

普段は仕事と残業に追われるが、宅急便の夜間の配達を受け取れるノー残業デーにお取り寄せをする。

ささやかだけれど温かいお取り寄せ男子のおうちでの一人ご飯の数々。

飯田好実の美味しいものを食べて悶える姿が楽しめる。

本当に取り寄せることが可能な商品の数々が紹介される。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160430071124p:plain

(出典:『おとりよせ王子 飯田好実』)

 

ゴールデンカムイ

 

かつてゴールドラッシュに沸いた北海道。

そこにはアイヌがひっそりと溜めた莫大な埋蔵金が隠されていた。

その額なんと8億円!

「不死身の杉元」。日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士はこの莫大な埋蔵金を見つけてやろうとアイヌの地に降り立った。

しかし、その前に立ち塞がったのは脱走をした極悪な囚人、北の最強軍隊第七師団、大自然の猛獣たち。

生きるか死ぬかの戦いが繰り広げられる。

アイヌ文化、グルメ、黄金を巡る戦いの要素が混じり合った作品。

基本バトル・アクション漫画だが、グルメ要素もかなり強い。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160430194959p:plain

 (出典:『ゴールデンカムイ』)

 

ラーメン大好き小泉さん

 

クールで無口、他人と馴れ合わないミステリアスな転校生・小泉さん。

彼女は、日ごと美味しいラーメンを求めるラーメンのプロだった。

主人公の小泉さんがラーメンを食べて食べて食べまくる。というか基本的にラーメンしか食べない。

「納豆キムチレアチーズラーメン」「レモンラーメン」「パイナップルエビ塩ラーメン」など変わり種も出てきてしまう。

とにかく、ラーメンな気分になりたい時にはオススメできるマンガである。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160316010236p:plain

(出典:『ラーメン大好き小泉さん』)

 

華麗なる食卓

 

世界中で修業を積んだカレー職人・高円寺マキトは、昔、世話になった恩人のカレー屋さんを訪ねるが、その店は潰れる寸前となってしまっていた。

そこで出会った恩人の娘・結維とともに店の再建に立ち上がる事を決意する。

カレーに特化したグルメ漫画で、チキンカレー、ビーフカレーと言った王道のカレーから、ネギカレーなどの珍しいカレーまで、世界中のあらゆる種類の美味しそうなカレーが登場してくる漫画。

最高に美味しいカレーを求めて、マキトと結維は様々な困難に立ち向かっていくことになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161115004955p:plain

(出典:『華麗なる食卓』)

 

信長のシェフ

 

現代の料理人・ケン。

彼が目を覚ますとそこは戦国時代だった。

彼は、京で料理の腕を振るい始めたのだが、その評判を聞きつけた信長だった。

ケンは強引に、信長の専任の料理人になることになってしまった。

戦と料理が織りなす前代未聞の戦国グルメ漫画。

”醤油”すらない時代での、ケンの料理の腕が試される。

様々な種類の「戦国めし」が登場してくる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161126192315p:plain

(出典:『信長のシェフ』)

 

孤独なグルメ

 

個人で輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が一人で食事をするシチュエーションを淡々と描くハードボイルド・グルメマンガ

でてくるお店はよくある街角の定食屋やラーメン屋、居酒屋など。

何かトラブルが起きるわけでもなく、男一人でもくもくと食事を続ける。

読んでいると主人公が何だかかっこよくも思えてくる作品。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160428115203p:plain

(出典:『孤独のグルメ』)

 

オリオリスープ

 

本の装丁家・原田織ヱ(26)は、スープが大好き。

会社の給湯室にふらっと言ったと思ったら、スープを作っている。

「スープ」と言っても種類は様々。

各話ごとに多種多様なスープが登場してくる。

ただスープが登場するだけのグルメ漫画ではなく、出てくる織ヱを中心とした人間模様も魅力的な作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160929053101p:plain

(出典:『オリオリスープ』)

 

ゴハンスキー

 

マンガ家・清野とおるが、ゴハン愛をつづりにつづったコミックエッセイ。

新宿に行くたびに必ず寄る蕎麦屋の毎回頼むメニューの話し「岩のりそばとゴボウ天」と言った著者の行ったことあるお店について描いたものから、安くて美味いおつまみ、お酒についての話しである「100円ローソンの干しほたるいか」「ダイソーの安ワイン」など清野とおるのゴハン事情がわかってしまう一冊である。

グルメ系の漫画としては珍しく”不味かった店の話”まで描いてある。

これらが話が読んでて思わず笑えてくるように、面白おかしく語られている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160502112444p:plain

(出典:『ゴハンスキー』)

 

お酒系マンガ

ワカコ酒

 

村崎ワカコ26歳。

酒飲みの舌を持って生まれたがゆえに今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。

酒の塩焼き、炙り〆さば、あん肝ポン酢、サザエのつぼ焼き、いかと里芋の煮物などなど美味しそうなご飯が数多く登場する。

まったり系のグルメ漫画。

ワカコの表情がいい味をだしている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160428114052p:plain

(出典:『ワカコ酒』)

 

新久千映の一人さまよい酒

 

アニメ化やドラマ化された『ワカコ酒』の作者、新久千映による一人飲みに関するエッセイコミック。

この作品は実際に作者の住んでいる広島を舞台として、本人が通っているお店や飲み方について語ったノンフィクションの漫画である。

お酒が大好きな作者は、いかにしてお店を選び一人飲みしているのか?

全編フルカラーで読める、楽しくて勉強になる豪華な漫画となっている。

全1巻。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160621141409p:plain

(出典:『新久千映の一人さまよい酒』)

 

たくのみ

 

OL、アパレル店員、ウエディングプランナー、女子大生。

バラバラな女性4人の住むシェアハウスでの日常ドラマで、登場するのは「お酒」。

缶ビールから缶チューハイ、日本酒、ワイン、リキュールetc. お酒を楽しく呑みつつ、まったり読めるほのぼの宅呑みコメディ。

タイトルに『たくのみ』とあるようにお酒がメイン。

しかし、お酒には”おつまみ”が付きもの。そのおつまみもいい。

お酒とそのあてが欲しくなってくる大人向けなグルメマンガ。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160326045240p:plain

(出典:『たくのみ』)

 

異世界居酒屋「のぶ」

 

古都アイテーリアの裏路地に繋がった、居酒屋「のぶ」

異世界の住民達は、馴染みのない異国風の料理と冷えた「トリアエズナマ」のあまりの美味さに次々と虜になっていく。

でてくる料理はいたって普通の日本食でお店もどこにでもありそうな居酒屋。

しかし、違うのはこの居酒屋が異世界にあるというところ。

異世界の住人たちは、見たことのない料理、透き通ったビールに大はしゃぎする。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160316011102p:plain

(出典:『異世界居酒屋「のぶ」』)

 

のみじょし

 

高瀬道子(たかせみちこ)29歳独身。

美味しいお酒の前でははしゃいでしまう、ちょっぴり残念なアラサー女子。

基本はビールや日本酒、時にはワインや渋めにウイスキー。

同じ年のゆきやソノさんとついつい飲みすぎてしまう。

タイトルにあるように主にお酒と女子会を扱ったマンガになっている。

構成は4コマベースで飲んではしゃぐ姿を笑える日常系マンガ

f:id:dokusyo_geek_ki:20160428105214p:plain

(出典:『のみじょし』)

 

神の雫

 

卓越したワイン表現と天才的なテイスティング能力を持つ神咲雫。

彼は世界的に有名はワイン評論家、神咲豊多加の息子であった。

そんな父がある日死んでしまう。

神咲雫は父親の莫大な財産とワインを相続するはずだったが、その条件として「神の雫」と呼ばれた幻のワインを見つけ出すことを求められた。

父親の遺言を元に数多あるワインの中からその頂点に立つ一本を探す旅が始まる。

高級ワインから普通の値段のワインまで幅広いワインの知識を知ることができる漫画。

この作品を読んでいるといろいろなワインを試してみたくなってくる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160501004323p:plain

(出典:『神の雫』)

 

最後に

というわけで、オススメのグルメ漫画を紹介した。

連載中と完結済みの漫画の両方が含まれているが、どれも面白い作品ばかりである。

どれも、面白くてよだれの垂れてきちゃうような美味しそうなマンガばかりである。

深夜に読むときは注意が必要です。

 

「無料」で漫画を読みたい人はこちらの漫画アプリがオススメです。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ

 

dokusyo geek ki