読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

頭脳戦・心理戦を描いた学園系ギャンブルコミック『賭ケグルイ』【漫画感想】

マンガ・コミック マンガ・コミック-ギャンブル・ゲーム

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

 『賭ケグルイ』は「カイジ」や「LIAR GAME」のようなギャンブルを用いた、人間の心理戦による頭脳ゲームである。舞台は高校。この学園では勉強やスポーツが多少できたところで誰にも評価されない。この学園で必要なのは、駆け引きや読心術、ここぞという時の「勝負強さ」、つまり「ギャンブルの強さ」である。転校生の蛇喰夢子は、この学園の仕組みを用いてギャンブルで学園内をのし上がっていく。

 『賭ケグルイ』には、「投票じゃんけん」「生か死か」「二枚インディアンポーカー」などのオリジナルゲームが登場する。既存のギャンブル漫画に劣らない新たな頭脳ゲームコミックである。

 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160317145830p:plain

 (出典:『賭ケグルイ』)

 

ギャンブルで全てが決まる学園のルール

 この学園には階級制度が存在する。学園内のギャンブルは全て「生徒会」が一元管理する。生徒会が強力な権限を持ち全生徒3000人から「上納金」を集める。この上納金が下位100位内に入ると「非協力傾向生徒」、通称「家畜」と呼ばれてしまう。この「家畜」は事実上全生徒の奴隷である。生徒たちはこの「家畜」にならないために、ギャンブルで戦っていく。

 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160317150625p:plain

(出典:『賭ケグルイ』)

 

オリジナルなギャンブル

 『賭ケグルイ』 に出てくるギャンブルは全てオリジナルのゲームである。「投票じゃんけん」「生か死か」「二枚インディアンポーカー」など名前だけでも、想像が膨らむようなオリジナルでスリリングなギャンブルで戦っていく。騙して、騙されてとの頭脳ゲームと心理戦が描かれている。登場人物たちは様々なギャンブルにタイトル通り、「賭狂って」いく。

 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160317151455p:plain

(出典:『賭ケグルイ』)

 

個性的なキャラクターたち

 登場人物は皆高校生だが、キャラが全員かなり濃い。特に、この漫画内ですごいのは全員の「表情」である。騙したときのしてやったり顏、騙されたときの絶望顏が半端ではない。全員が生々しい表情を見せるのだ。

 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160317152122p:plain

(出典:『賭ケグルイ』)

 

まとめ

 というわけでギャンブル系、頭脳・心理戦ゲームの『賭ケグルイ』を紹介した。「カイジ」や「LIAR GAME」などのギャンブル系漫画が好きな人にはドンピシャな内容であろう。ハラハラ、ドキドキしたい気分のときにオススメの漫画である。

 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160317152527p:plain

(出典:『賭ケグルイ』)

 

「ギャンブル・ゲーム」をテーマとしたオススメ漫画に関する記事はこちら

 

 

dokusyo geek ki