読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

水泳、書道、新興宗教、父探し、夏のボーイミーツガール『子供はわかってあげない』【漫画感想】

マンガ・コミック マンガ・コミック-人間ドラマ

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

 

水泳×書道×アニオタ×新興宗教×超能力×父探し×夏休み=青春(?)。

あの時キミと出会わなかったら、こんなに素敵な夏にはならなかった。

サクタさんともじくんのひと夏の青春お気楽サイキック宗教法人ハードボイルドボーイミーツガール。

何だかいろいろなことが混じっていてカオスだが上下巻の中にこれらの要素が全て含まれている。

「マンガ大賞2015」で2位となった作品。

 全2巻で完結済み。

高校生の男女二人を中心とした甘酸っぱすぎる物語。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160423012523p:plain

(出典:『子供はわかってあげない』)

 

「子供はわかってあげない」の見どころ

「サクタさん」と「もじくん」の関係

サクタさんともじくんは同じ高校の同級生。

お互い去年同じクラスだったが、顔を見てもパッと名前は出てこないぐらいの関係性だった。

ある日、サクタさんが所属している部活の水泳部で泳いでいると誰も入れないはずの屋上に人影が見えた。

屋上に行ってみるとそこにいたのは一人でオタク活動に勤しむもじくんだった。

もじくんは卒業生の兄がなぜか持っていた鍵を引き継いで、自由に屋上に出入りできたのだ。

この「秘密の場所」での出会いから二人の物語は始まる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160423013620p:plain

(出典:『子供はわかってあげない』)

 

「サクタさん」の父親探し

サクタさんの両親は離婚をしていた。

今の父親は5歳のときにできた新しい父親で、実の父には物心がついてから会っていない。

そんな、サクタさんの誕生日に一枚のお札が送られてきた。

このお札は新興宗教のお札であった。

送り主は実の父親では?と思っている。

このお札を手掛かりにサクタさんは父親探しをしてみようと思いたった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160423015132p:plain

(出典:『子供はわかってあげない』)

 

探偵をする「もじくん」のお兄さん

サクタさんが父親探しをしようと思いたった理由の一つに「もじくん」がある。

もじくんの兄は探偵である。

と言っても、ラーメン屋のメニュー書きや商店街のイベントの垂れ幕書き、猫探しなどゆるい仕事しかしていなかった。

もじくんもサクタさんもそうとは知らずに父親探しを依頼してしまった。

この「お兄さん」も物語のキーパーソンになる。

「お兄さん」というか「元お兄さん」で今は「お姉さん」に変わってしまっているが、探偵として父親探しに奮闘することになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160423015941p:plain

(出典:『子供はわかってあげない』)

 

終わりに

というわけで『子供はわかってあげない』を紹介した。

「マンガ大賞2015」で2位となった全2巻で完結済みの作品。

サクタさんともじくんの屋上でのひょんな出会いから始まる素敵な夏を描いたボーイミーツガールの物語。

短い作品であるが綺麗にまとまっていて良い読後感を味わえる。

青春の物語を読みたい人にはオススメのマンガである。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160423020531p:plain

 (出典:『子供はわかってあげない』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki