読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

おすすめの面白い人気ライトノベル。ラブコメ、ミステリーなどの面白いラノベ

おすすめ本 おすすめ本-小説

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

 

最近、人気のライトノベル。

読みやすくて、”軽い”小説全般を指して、Amazonを始めとする書店の売り上げランキングでも上位に入っていることも多い。

ミステリー・SF・恋愛・グルメ・ラブコメ・ギャグ・コメディー・ファンタジーとあらゆるジャンルの作品を含んでいる。

そんなラノベの中で個人的に面白いと思ったおすすめの作品を名作・傑作・人気作を中心にまとめてみた。

なお、「ラノベ」かどうかの判断は、本の表紙、タイトル、内容、出版レーベル、登場人物、メディアミクスのされ方などから独断と偏見で決定をした。

それではどうぞ。

 

おすすめの面白い「ラノベ」まとめ

キノの旅 ―The beautiful world―

 

様々な都市国家があるファンタジーの世界で旅人 ・キノがしゃべるバイク・エルメスと共に旅に出る。

一つの国、最大三日間滞在というルールの元でいくつもの国家を回っていく。

全国民が相手の心が読めるために対人恐怖症になった「人の痛みがわかる国」。国が滅亡するまでの時間の過ごし方を決めた「優しい国」。ありとあらゆる偏見を許さない「差別を許さない国」など面白くて考えさせられる国の数々が登場する。

社会風刺とも取れる物語が面白い作品。

 

 

化物語 ”物語”シリーズ

 

春休みに吸血鬼に魅せられてしまった阿良々木暦。

彼は、空から降ってきた重さのない少女・戦場ヶ原ひたぎを受け止めたことを始まりとして、幾人もの少女と怪異に関わることになってしまった。

重さを奪う蟹、人を呪う蛇、欲望を解き放つ猫、憎しみでできた申など動物をモチーフとした怪異たちが暦を追い詰めていく。

言葉遊びが巧みな小説でもある。

 

 

空の境界

 

両儀式はあらゆるモノの死を視ることのできる“魔眼”を持っている。

式は黒桐幹也と協力をしながら街で起こる、ねじれた状況で発見される人間などの猟奇殺人事件の解明と解決を目指す。

一風変わった、”魔術師”たちが登場する世界観での式と幹也を中心とした”新伝綺”。

文庫版で上中下巻と外伝『空の境界 未来福音』が発売されている。

 

 

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん -幸せの背景は不幸-

 

タイトル通りにみーくんは嘘つきで、まーちゃんは少し壊れている。

みーくんの横でいつもニコニコと笑っている美人で聡明なまーちゃんこと御園マユは、小学生の兄妹を誘拐してきた。

まーちゃんにとにかく甘いので誘拐を含めてあらゆることを許容するみーくんだったが、そんな彼らの関係には真っ黒な真実が隠されていた。

一人称でよく喋る冗舌系の主人公が活躍するミステリー小説。刺されて、殴られて、死にかけてと大変な目に会いながらもまーちゃんへの”愛”を貫いていく。

全10巻+外伝1巻で完結済み。

 

 

さよならピアノソナタ

 

男子高校生・ナオと音楽業界から突如その姿を消した若き天才ピアニストの真冬の出会いから始まるボーイ・ミーツ・ガールの物語。

ナオはピアノを弾かずにエレキギターの超速弾きばかりしている彼女から、占領された教室を奪還すべく、彼は彼女を”ぶっとばす”計画を立てた。

幼馴染に自称革命家の先輩まで巻き込んでバンドを組んだりと”音楽”が前面に押し出されている。

主に二人の関係を描いた青春恋愛小説となっている。

全4巻+外伝1巻で完結済み。 

 

 

デュラララ!!

 

舞台は東京・池袋。そこにはキレた奴らが集まってくる。

漆黒のバイクで走る”首なしライダー”、喧嘩最強のチンピラ、趣味で情報屋を営む青年、ヤバイ患者専門の闇医者、ストーカーもどきの電波娘、そして非日常に憧れる少年。

混ぜてはいけない彼らが交わったときに池袋の地に大騒動が巻き起こる。

連続通り魔事件、カラーギャングの闘争、賞金首に都市伝説など複雑な要素を見事に絡めた群像劇となっている。

 

 

狼と香辛料

 

「わっちがな…主に惚れたら困りんす」

「剣」も「魔法」も活躍しない中世の西洋の世界での物語。

行商人のロレンスは、馬車の荷台で麦の束に埋もれて眠る少女を見つけた。狼の耳と尾を持つ美しい娘で、自らを豊作を司る狼神・ホロと名乗った。

こうして出会った商人と狼の二人組みは共に旅にでることになった。商品を仕入れてお金を稼ぎならの旅路。

金、商い、知恵を駆使してトラブルや困難を乗り越えていく物語となっている。

全17巻で完結済み。

 

 

”文学少女”シリーズ

 

天野遠子・文芸部部長。自称“文学少女”。

彼女は本をちぎっては口に入れる、物語を食べる少女だった。面白い物語は美味しく、変な話は嫌な味がするとのこと。

彼女の後輩、井上心葉は毎日「おやつ」の物語を書かされる日々を送っていた。

そして文学部には不思議な事件が持ち込まれてくる。

ほろ苦い味のするこれらの事件の真相を暴いていくミステリーと恋愛の合わさった作品をなっている。

全8巻+外伝8巻で完結済み。

 

 

Another

 

夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一。そのクラスは呪われていた。

一度その現象が始まるとクラスの人間とその関係者が次々と凄惨な死を遂げていく。

榊原はクラスに混じった既に生きていない”死者”を暴き出してこの現象を止めにかかる。

クラス全員からいない者とさせる眼帯の少女ミサキ・メイと共に呪いの謎を解きにかかる。

集団に混じった死者を暴いていくミステリー小説。上下巻と外伝『Another エピソード S』が発売されている。 

 

 

とらドラ!

 

目つきが悪いが心は優しい掃除好きの高須竜児は、背は低いが誰にでも噛み付く凶暴な「手乗りタイガー」こと逢坂大河の襲撃を受けた。

これが「竜虎コンビ」の始まりだった。お互いに相手の親友が好きな二人は恋の共同戦線を張ることになった。

超マイペ-ス娘・櫛枝実乃梨、文武両道だけどちょっとずれているメガネ委員長・北村祐作など愉快な仲間たちを絡めたラブコメ作品。

全10巻+外伝3巻で完結済み。

 

 

ベン・トー

 

学生たちは、金がないが飢えている。

彼らは今日も”半額シール”の貼られた弁当をめぐり、熾烈なバトルを繰り広げる。

全巻を通じてひたすらに半額弁当を奪うために戦い続ける”熱い”バトルコメディ小説。

己の誇りと空腹のために、走り、跳び、戦いそして喰う。

様々な”二つ名”に”必殺技”を持つキャラクターたちが登場する。

全12巻+外伝3巻で完結済み。

 

 

涼宮ハルヒの憂鬱

 

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。

入学早々、過激な挨拶をかました涼宮ハルヒにそれを聞いていたキョン。

そんな馬鹿なと思っていたら学園の中にはまさかの人物たちがいることが発覚し、「SOS団」と言う謎の団体を組織することになってしまった。

1巻あたりの売り上げではトップクラスの作品。

ハルヒを中心に回る世界での非日常なストーリーが楽しめる。

 

 

GOSICK ―ゴシック―

 

20世紀の初頭にヨーロッパの小国ソヴュールにて、留学をしてきた久城一弥は、聖マルグリット学園の図書館塔で奇妙な美少女・ヴィクトリカと出会った。。

彼女はその天才的な頭脳を駆使して、次々に起こる難事件を解決していく。

久城をワトソン役にしたミステリー小説。

直木賞受賞作家、桜庭一樹による作品。ミステリーとして読んでもボーイ・ミーツ・ガールとして読んでも面白い。

 

 

氷菓 ”古典部”シリーズ

 

やらなくていいことはやらない。 やらなければならないことは手短に。

何事にも積極的には関わろうとしない「省エネ主義」の高校生・折木奉太郎。

彼はなりゆきで入部した古典部の好奇心旺盛な千反田えるを始めとする仲間たちと共に日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことになる。

ちょっぴりほろ苦い青春ミステリーシリーズ。

 

 

バカとテストと召喚獣

 

テストの成績でクラスと使える教室設備が違う文月学園。

学年トップクラスのバカな吉井明久は当然とごとく、最下位のFクラスに配属された。

クラスメイトの”バカ”な仲間たちと繰り広げる学園ラブコメディ。

「試験召喚戦争」というテストの点数を元にした戦闘力の召喚獣を使い、他クラスの設備を奪える戦いもある。

が、基本的にはバカなことをして大騒ぎしている笑える小説となっている。

本編12巻+外伝6巻で完結済み。 

 

 

半分の月がのぼる空

 

肝炎で入院中の高校生・戎崎裕一は、病院の中で同い年の秋庭里香に出会う。

人形のように美しく、本を愛し、そして女王様のようにワガママな里香は、難しい病気をかかえていた。

見えない”明日”目指して戦う少年少女の姿を描いたボーイ・ミーツ・ガールの感動作。

漫画、アニメ、ドラマ、実写映画と幅広いメディアミクスをされている作品でもある。

 

 

サクラダリセット

 

「リセット」。それだけで、世界は、三日分死ぬ。

能力者が集う街、咲良田。

春埼美空は世界を三日間だけ巻戻すことができる能力者。

浅井ケイはその巻戻された世界での記憶を保持することができる存在。

ケイの指示に忠実に従う美空。二人は手を組み、街で起こる能力者たちの巻き起こすトラブルを解決に導いていく。

少し黒くてほろ苦い青春物語。全7巻で完結済み。

 

 

[映]アムリタ

 

自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。その映画は天才と噂される最原最早の監督作品だった。

彼女のコンテは二見を魅了し、恐るべきことに二日以上もの時間を忘れさせるほどに二見を熱中させた。

映画撮影は順調に進んで行ったが、完成したときに最早は謎の失踪を遂げる。

この映画は何の目的で撮影されたのか。二見は推理を進めていくうちに驚愕の真実に行き着き、とんでもない結末を迎える。 

野崎まどのデビュー作でこの小説が面白ければ、刊行順に6冊目の『2』まどぜひ読み進めてみてほしい。ここでまたとんでもない衝撃を受けることになる。

 

 

神様のメモ帳

 

ニートたちが集う「NEET探偵事務所」のニート探偵。

路地裏に吹き溜まる彼らを従えるのは少女・アリス。彼女は抜群の頭脳を駆使して、基本的には部屋に引きこもる安楽椅子探偵で、様々な事件を解決に導いていく。

ドラッグ、二億円、不良に死者と少し重めのテーマを扱うミステリー小説。

幼い幼女と「ニート・ティーン」たちが活躍する物語。

全9巻で完結済み。

 

 

撲殺天使ドクロちゃん

 

将来、全ての女の子の成長が12歳体型で止まる、不老不死の薬を偶然に開発するために命を狙われることになった桜くん。

刺客として放たれたドクロちゃんは、なんだかんだで桜くんのことを気に入り家に居着いてしまう。

だが、ことあるごとに桜くんを撲殺してしまっては「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜」の掛け声とともに不思議な力で彼を復活させる。

かなり奇抜な設定と内容で一度読んでしまうと脳から離れない魅力のあるコメディ小説。

他にも様々な”ヤバイ”キャラクターたちが登場する。全10巻で完結済み。

 

 

ビブリア古書堂の事件手帖

 

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋 「ビブリア古書堂」。

この店の店主・篠川栞子は若くて綺麗な女性だが初対面の人とはほとんど話ができないほでの人見知り。ところが、本のこととなると人が変わったかのように冗舌に話し出す。

そんな、ビブリオ古書堂に勤めることになった五浦大輔は、彼女と共に本にまつわる事件に巻き込まれていくことになる。

そして、本限定で発揮される栞子さんの抜群の推理力で解決へと導く。

一冊に込められた人の思いや秘密を紐解きながら謎に迫るビブリオミステリー小説となっている。

 

 

電波女と青春男

 

甘酸っぱい高校生活を送りたい青春男の丹羽真。

だが、彼には布団ぐるぐる巻きでわけのわからない発言や行動を繰り返す「いとこ」兼「同居人」で電波女の藤和エリオがいた。

真は、いつも自称宇宙人でピザの食べ方の変なエリオの面倒をなんだかんだで見ることになってしまう。

本当に宇宙人はいるのか?それともただの電波なのか。エリオは真の青春を阻む最大の要因となってくる。

全8巻+外伝3巻で完結済み。

 

 

クビキリサイクル ”戯言”シリーズ

 

一人称の冗舌系主人公・いーちゃんの語りで進んでいく物語。本名は不明。

劣性遺伝子である青い瞳と青い髪を持つ、引きこもりの美少女・玖渚友。彼はかつて彼女を元に戻らないほどに破壊をしたことがあった。

それ以来彼らは共依存のような関係性を保っている。

少し狂っている人物たちが数多く登場する作品。

シリーズの初期はミステリーとして始まるが、謎解きの要素はだんだんと少なくなっていく。

とにかく、いーちゃんの独白がすごい。西尾維新による小説で全6冊9巻で完結済み。

 

 

春期限定いちごタルト事件 ”小市民”シリーズ

 

推理をしたがる性格が災いして苦い経験をしたことがある小鳩常悟朗と同じように自分の性格が原因で失敗した小佐内ゆき。

高校生の二人は「小市民を目指す」という目的を元に互恵関係を結んだ。

しかし、二人の想いとは裏腹に目の前に次々と謎が現れる。

小市民を目指す二人による日常系の推理もののシリーズ。春、夏、秋を刊行されているが冬がまだでていない。

 

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

 

高坂京介の妹・高坂桐乃茶髪にピアスのイマドキの女子中学生。

兄のことを見下している妹に対して、兄も快く思っていないためにここ数年はろくに口も聞いていない。

そんな兄・京介はある日、この妹に隠されたとんでもない”秘密”に気づいてしまった。

このことが原因で妹の”人生相談”を受けることになり、共に行動をすることになる。

兄妹をメインキャラに添えた青春ラブコメ。全12巻で完結済み。

 

 

ココロコネクト

 

文研部の男2人女3人の5人組に突如、人格が入れ替わる異常な現象が襲ってきた。

この非日常な現象をなんとか乗り越えようとする中で、お互いの中に隠されていたものを知ってしまう。

本来知るはずのないことを知ってしまう中で五人の関係と心の変化を描いた小説。「人格入れ替わり」以外の現象も彼らに降りかかってくる。

全11巻で完結済み。

 

 

刀語

 

伝説の刀鍛冶、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた12本の“刀”を求め、無刀の剣士・鑢七花と美貌の奇策士・とがめが方々を巡っていく時代活劇。

無刀流の戦い方、とがめの奇策、12本の刀のまさかの姿が面白い作品。

それぞれの刀の使い手と戦い、奪い取っていく。

二人の旅の終わりはかなり感動的。全12巻で完結済み。

 

 

Fate/Zero

 

あらゆる“奇跡”を叶える「聖杯」の力を巡って、七人の魔術師が七人の英霊を召喚して覇を競いあう究極の決闘劇、聖杯戦争。

「Fate/stay night」の前日談で英霊たちと魔術師があらゆる知略を巡らして戦いに勝ちにいく。

衛宮切嗣はセイバーをのサーヴァントを召喚し、聖杯戦争に身を投じる。

誰も救われない悲しい物語が胸に刺さる。全6巻で完結済み。

 

 

とある飛空士への追憶 ”飛空士”シリーズ

 

美姫を守って単機敵中翔波、一万二千キロ。大空に命を散らす覚悟の若き「飛空士」。

ある日彼に与えられた使命は「姫を敵機から守り、無事祖国にお連れすること」。

襲いかかる敵機の群れから、複座式の小さな偵察機に乗ったふたりは逃げ切ろうと試みる。

飛空士の最後の決断、切ない終わり方が何ともいえない味を出している感動小説となっている。

「恋歌」「夜想曲」「誓約」と続いていく。

 

 

とある魔術の禁書目録

 

科学と魔術が交差するとき、物語は始まる。

超能力が科学とし認知された学園都市で、不幸体質の少年・上条当麻の目の前に、空から降ってきた少女・インデックスが現れた。

彼女は魔術の世界から逃げてきたという。

右手に科学と魔術、両方の力を打ち消す「幻想殺し」の力を宿す上条は両サイドの様々なトラブルに巻き込まれていくことになった。

SFにファンタジーの両方の要素を取り入れたバトルアクション小説。

 

 

まとめ

というわけで個人的に面白いと思ったおすすめライトノベルをまとめてみた。

ラブコメ、SF、ファンタジー、ミステリーなどあらゆるジャンルの小説を含んでいる。

興味が持てる作品があれば是非読んでみてください。

 

dokusyo geek ki