読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

不可思議な死には、死神の影がある『死神の精度』【小説おすすめ】

小説 小説-人間ドラマ

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

 

不可思議な死には死神の影がある。

社会の中では、人の死を決定する「死神」たちが仕事を行っていた。

彼らは、死をまじかに控えた人物に張り付き、1週間の調査の後にその対象者が死ぬことを「可」か「否」で決定する。

「可」となってしまった人物を8日目に必ず死を迎えることとなる。

彼らの見た目は人間と全く変わらない。

奇妙な雰囲気を漂わせる”千葉”は、この死神の一人だった。

千葉は6人の人物と出会い、その死の決定を下していく。

伊坂幸太郎による、人の「死」や「人生」をテーマとした小説となっている。 

 

「死神の精度」のここが面白い

死神たちの特徴

社会に溶け込む、死神たちにはいくつかの特徴がある。

・彼らは人と見た目が全く変わらない

・音楽が好きで、CDショップ等に入り浸っている

・苗字が町や市などの都市名と同じである

・会話の受け答えが人間離れしていて、常識に欠ける

・素手では決して人間に触ろうとはしない

このような不可思議なオーラを漂わせる人物がいたらその人は死神なのかもしれない。

 

死神の仕事 

死神たちの仕事は人の生死を決めること。

彼らには、担当すべき人物が割り当てられる。

その人物は、8日後に必ず死ぬことが決定している。

死に方は病死や自殺ではなく、事故死や殺人など。病死と自殺は死神の仕事の管轄外である。

そして、その人物を7日間付き切りで観察して、その死の可否を決定する。

大抵の場合は「可」となり、対象者は予定通りの死を迎えることになる。

こうして、死神たちは次の人物の死を決定すべく、新たな仕事へと向かっていく。

 

”千葉”という死神

この小説では”千葉”と名乗る死神の仕事を追う形で進んで行く。

千葉はクールな人物で、感情が表に出ない性格をしている。

彼が観察するのは6人の人物たち。

苦情の電話に苦しむ女性、復讐を目論むやくざ、吹雪の洋館に閉じ込められた女性など。

彼は、死をまじかに控えた人物に感情移入するわけでもなく、ただ淡々とその人物の観察を続ける。

そして、仕事と割り切り、機械のように平等に死の可否を決定していく。

 

終わりに

というわけで、『死神の精度』を紹介した。

伊坂幸太郎による小説で社会に溶け込むとある死神の視点で、人の生死を見つめていく物語。

彼は対象者と7日間過ごし、淡々とその生死を決定していく。

生や死、様々な人物の人生について考えさせられる小説となっている。

 

 

dokusyo geek ki