漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

クセ球を武器に高校野球で戦っていく!『ダイヤのA』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

中学生で野球少年の沢村栄純は、無名の投手だったが、たまたま試合を見に来ていた高校野球の名門校・青道高校野球部のスカウトから誘いが来る。

沢村は、青道高校に入学することを決意して、彼の高校野球が始まった。

”クセ球”を武器に戦っていく沢村だったが、そこは同級生の怪物ピッチャー・降谷をはじめとして一癖ある猛者だらけの学園だった。

沢村はまずはレギュラーとなり、ゆくゆくは青道高校エースを目指しながら練習に励んでいく。

高校野球で甲子園を目指して奮闘していく少年たちの姿を描いた野球漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161002010404p:plain

(出典:『ダイヤのA』)

 

「ダイヤのA」のここが面白い

野球少年・沢村栄純

沢村栄純は、田舎の無名の弱小チームでピッチャーをしている。

中学時代、最後の試合も負けてしまっていた。

しかし、彼の投げる球には”とある秘密”があった。

たまたま試合を見に来ていた高校野球チームのスカウトはこの秘密に気づき、沢村をスカウトする。

こうして、沢村は名門野球部である青道高校野球部に入部することになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170616213150p:plain

(出典:『ダイヤのA』)

 

ムービングボール

沢村の投げるボールは、とんでもないクセ球であった。

ボールに強烈なスピンがかかっていて、本人が意識しない方向へと変幻自在に曲がっていく。

このクセ球のせいで、中学時代にはボールをキャッチできるキャッチャーがいなくて、全力をだすことができなかった。

沢村は、このクセ球を武器にして、高校野球で戦っていくことになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170616213211p:plain

(出典:『ダイヤのA』)

 

青道高校野球部

沢村が入部することになった青道高校野球部は、野球の名門校である。

全国から野球留学をしてくる選手たちが集まってくる強豪校なのだが、最近は勝ちきることができずに、甲子園出場を逃してしまっていた。

沢村は、このチームでエースとなり甲子園に出場を目指していく。

沢村がエースになるための戦いを描いた野球漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170616214650p:plain

(出典:『ダイヤのA』)

 

終わりに

というわけで、高校野球を描いた野球漫画の『ダイヤのA』を紹介した。

クセ球を持ったピッチャーの沢村栄純が、エースをめざしていく物語となっている。

彼は青道高校野球部で、個性的な選手たちと共に甲子園へ向けて戦っていく。

『ダイヤのA』は、高校球児たちの熱い戦いを描いた野球漫画に興味がある人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170616213238p:plain

(出典:『ダイヤのA』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki