漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

魔法を”持たない”少年アスタの魔法との戦いの日々『ブラッククローバー』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

アスタは、生まれながらに魔法が使えない少年である。

魔法が大きな力を持つ世界で圧倒的に不利な状況のアスタだったが、それでも彼は魔道士の頂点である“魔法帝”を目指していた。

そんな彼が手にした能力は、魔法を無効化する”反魔法”の力であった。

彼は、目の前の困難をこの力と”諦めない根性”で突破をしていく。

魔法を”持たない”アスタの戦いを描いた少年魔法ファンタジー漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20171006092949p:plain

(出典:『ブラッククローバー』)

 

「ブラッククローバー」のここが面白い

魔法帝を目指す少年・アスタ

アスタは教会で育った孤児である。

同じく教会で育った仲間たちとともに、貧しいながらも明るく楽しく生活をしていた。

魔法がある世界で、アスタの目標は魔道士の頂点である“魔法帝”になることである。

しかし、アスタには一つ大きな問題があった。

それは、アスタの魔力がゼロで、魔法が一切使えないことであった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20171018015411p:plain

(出典:『ブラッククローバー』)

 

魔力を高める魔導書(グリモワール)

この世界で、少年少女は15歳となると魔力を高めてくれる本である魔導書(グリモワール)を渡される。

この魔導書を元にして魔法を使っていき、優秀なものは国を守る職務である魔導騎士へとなっていく。

“魔法帝”になるためには、魔法帝直属の組織である戦闘に特化した魔道士軍団である魔導騎士に入る必要がある。

アスタも魔導書を手にして、魔法帝への第一歩を歩み始められるのかと思いきや...、アスタの手元には何もくることがなかった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20171018015355p:plain

(出典:『ブラッククローバー』)

 

”悪魔”が住む魔導書

魔導書が渡されなかったアスタは、失意の中で帰宅の途につく。

魔法帝への夢は諦めなければならないのか...。

そう思ったアスタの手元に薄汚れた一冊の魔導書が現れた。

他の人たちの元にいった綺麗な魔導書とは全く違った異様な雰囲気を纏った一冊。

この魔導書を手にしたことによって、魔法が使えないアスタは戦う力を手に入れることになる。 

f:id:dokusyo_geek_ki:20171018020712p:plain

(出典:『ブラッククローバー』)

 

終わりに

というわけで、魔法の世界での魔法が使えない少年アスタの戦いを描いたファンタジー漫画の「ブラッククローバー」を紹介した。

薄汚い魔導書を手にしたことから、アスタ戦いの日々が動き始める。

魔道士のトップである魔法帝を目指して戦っていくことになる。

「ブラッククローバー」は、戦いあり、魔法ありのファンタジー漫画に興味がある人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20171018020016p:plain

(出典:『ブラッククローバー』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki