漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

学生野球は”甲子園”だけではない!中学硬式野球での激闘が描かれる『BUNGO―ブンゴ―』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

石浜ブンゴには、何かにハマると異常なほどにとことんやり込んでしまう性質がある。

”壁当て”にハマってしまったブンゴは、例え台風が来ようが気にせずに、家の壁に向かってボールを投げ続けていた。

だが、好きなのは壁当てだけで、野球をやったことはない。

そんな「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れた。

予期せぬ対決をした二人は、揃って中学硬式野球チームの超強豪「静央シニア」へ入団することになる。

”甲子園のため”の甲子園を超える死闘が見られる中学野球での、少年達の戦いが描かれる野球漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170522201923p:plain

(出典:『BUNGO―ブンゴ―』)

 

「BUNGO―ブンゴ―」のここが面白い

「壁当て」にハマった石浜ブンゴ

石浜ブンゴは、ボールを買い与えてもらったことをきっかけに、ブロック塀に投げ込む毎日を送っていた。

とにかく「壁当て」が好きで、台風が来ようと壁当てをし続けている。

しかし、野球や一切やったことがない。

そんな、ブンゴがとある人物との出会いをきっかけにして、野球の世界にハマっていくことになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170522202821p:plain

(出典:『BUNGO―ブンゴ―』)

 

少年野球日本代表・野田ユキオ

ブンゴは、とある日に野球のグラウンドで壁当てをしていた。

そんなブンゴを見た少年野球日本代表・野田ユキオは彼に戦いを挑んできた。

ブンゴは、ユキオと人生初の対人戦をすることになる。

二人はこの対戦を始まりとして、”中学硬式野球”の世界に共に入っていくことになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170522203151p:plain

(出典:『BUNGO―ブンゴ―』)

 

中学硬式野球チーム「静央シニア」

石浜ブンゴは、野球の世界にハマりつつあった。

そして、ユキオが所属する中学硬式野球チーム「静央シニア」に入ることになる。

そこは、中学の部活ではなく、本気で甲子園やプロを目指す選手たちが集まっていた。

”甲子園のため”の甲子園を超える死闘が見られる中学野球漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170522203916p:plain

(出典:『BUNGO―ブンゴ―』)

 

終わりに

というわけで、少年野球での石浜ブンゴの戦いを描いた『BUNGO―ブンゴ―』を紹介した。

中学硬式野球を舞台に、”甲子園のため”の甲子園を超える死闘が見られる。

野球は初心者のブンゴが、チームメイトたちに揉まれながら、強い選手へと成長していく。

『BUNGO―ブンゴ―』は、中学硬式野球での激闘が描かれる野球物語に興味がある人には、おすすめの野球漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170522204333p:plain

(出典:『BUNGO―ブンゴ―』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki