漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

嵐の夜、少年はコートの中を、走って、走って、走って、走りまくる。『DAYS』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

 

何のとりえもない、特技もない。いじめられていて男らしくもない。

けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本つくし。

サッカーの天才・風間陣。

嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける。

少年たちはコートの中で、走って、走って、走って、走りまくる。

とにかく熱い、サッカー青春漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161018155245p:plain

(出典:『DAYS』)

 

「DAYS」のここが面白い

サッカー未経験者・柄本つくし

柄本つくしは、趣味も特技もなく、取り柄のない少年であった。

いじめられっ子で、運動神経も特別いいわけではない。

そんな、彼がふとしたきっかけでフットサルの助っ人をすることになった。

彼はフィールドの中を走って、走って、走りまくった。

ここから、彼の中に眠っていた熱い気持ちが目覚め始める。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170611122507p:plain

(出典:『DAYS』)

 

出会ってしまった天才サッカー少年・風間陣

つくしが、フットサルを始めたきっかけは、風間陣とたまたまファーストフード店で出会ったことであった。

風間陣は、世間が注目する天才サッカー少年であった。

この陣も、初めてボールを蹴ったつくしの、フィールドを駆け回る熱い姿に惚れてしまう。

サッカーの技術には、天地の差がある二人だったのだが、高校サッカー界の台風の目になる最強のコンビとなっていく。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170611122526p:plain

(出典:『DAYS』)

 

聖蹟高校サッカー部

サッカーが楽しくてしょうがなくなってしまった、つくしは高校進学すると共にサッカー部へと入部することになる。

彼が入ったのは聖蹟高校サッカー部で、強豪の名門サッカー部である。

つくしは、完全な素人だったので、最初はチームで浮いていたのだが、そのサッカーへの姿勢で、少しづつ仲間と認められていくことになる。

彼は、このチームで必要不可欠な人材となっていく。

聖蹟高校サッカー部の一員としてのつくしの姿を見ていくことができるようになっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170611122540p:plain

(出典:『DAYS』)

 

終わりに

というわけで、サッカー素人の塚本つくしが、サッカーにのめり込んでいく姿を描いた『DAYS』を紹介した。

サッカーの天才・風間陣との出会いから物語が動き始める。

聖蹟高校サッカー部の仲間たちと、大会優勝を目指して戦っていくことになる。

『DAYS』は、サッカーに命をかける熱い選手たちが数多登場をするサッカー漫画に興味がある人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170611122553p:plain

(出典:『DAYS』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki