漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

聖蹟高校サッカー部の面々は、いかにしてこのチームにたどり着いたのか?『DAYS外伝』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

柄本つくしと風間陣が入部をした聖蹟高校サッカー部。

二人には同級生、先輩などのチームメイトたちがいるのだが、彼らには現在に到るまでのそれぞれを物語があった。

聖蹟不動の司令塔・君下敦は、なぜ犬猿の仲である大柴喜一を「喜一」と呼び捨てにするのか。

人格者で影の大黒柱である臼井雄太が、まだサッカーを続けられている理由とは。

『DAYS外伝』は、本編では描かれなかったキャラクターたちの知られざるエピソードが描かれているサッカー漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170620110023p:plain

(出典:『DAYS外伝』)

 

「DAYS外伝」のここが面白い

唯我独尊の男・君下敦

君下敦は、中学一年生の頃から都選抜に呼ばれるほどのプレイヤーであった。

ところが、その独断的なプレイスタイルと性格によって、”悪童”と呼ばれている。

彼は、誰にも負けない自信を持っていた。

ところが、九州選抜との試合において、考え方が180度変わってしまうような大きな挫折を経験することになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170620110045p:plain

(出典:『DAYS外伝』)

 

大柴喜一との運命の出会い

大柴喜一は木下と同級生で、一緒に都選抜に呼ばれていた。

少し変わった性格をした彼は、木下とは全く性格が会わずに、出会った当初から喧嘩ばかりをしていた。

そんな、大柴はいつから木下に「喜一」と呼ばれるようになったのか?

都選抜での出会いから、二人が聖蹟高校サッカー部に入部するまでの物語が描かれている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170620110100p:plain

(出典:『DAYS外伝』)

 

天才・臼井雄太

聖蹟高校サッカー部副キャプテンの臼井雄太は、チームの危機を何度も救ってきた守備の要である。

そんな彼のところに、中学校時代のチームメイトが訪ねてきた。

「雄太はサッカーを辞めると思っていた」

臼井がサッカーを辞めるかと思った理由、そして続けることになったきっかけとは?

臼井雄太の知られざる物語が描かれている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170620110115p:plain

(出典:『DAYS外伝』)

 

終わりに

というわけで、聖蹟高校サッカー部の面々のサイドストーリーが描かれた『DAYS外伝』を紹介した。

君下敦、大柴喜一、臼井雄太の過去の物語が描かれている。

彼らはいかにして聖蹟高校サッカー部にたどり着いたのか?

『DAYS外伝』は、本編では描かれなかったキャラクターたちの、知られざるエピソードが描かれているサッカー漫画に興味がある人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170620110129p:plain

(出典:『DAYS外伝』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki