漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

”楽しい学校生活”と”ゾンビに襲われる恐怖”の両方を味わえるサバイバル漫画『がっこうぐらし!』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

彼女らは学校に住んでいる。学校に閉じ込められてしまっていた。

突如出現したゾンビたちによって崩壊した世界の中で、女子高生たちは生き延びるために学校へと立て籠もった。

可愛らしい少女たちのゆるい日々の雰囲気とゾンビが襲ってくる世界の過酷さのギャップがすごい作品である。

一見幸せに見える日々の中で、命をかけて戦っていく。

「女子高生」「崩壊した世界」「ゾンビ」がキーワードのサバイバル漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170928225749p:plain

(出典:『がっこうぐらし!』) 

 

「がっこうぐらし!」のここが面白い

”学校暮らし”の少女たちの日常

学園生活部は、家に帰らずに学校で寝泊りをしちゃおうとする部活である。

屋上で野菜を育てたり、学校内でご飯を作ったりといった活動を行っている。

そんな学校生活部には、シャベルをいつも持っている「くるみ」、皆をまとめる「りーさん」、そしておっとりした顧問の「めぐねえら」、いつも明るくて陽気な「ゆき」が所属している。

ゆきの瞳には、幸せで楽しい”日常”がうつしだされている。

しかし、この”日常”には写っていない恐ろしい闇が隠されていた。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170928225848p:plain

(出典:『がっこうぐらし!』) 

 

狂ってしまった世界

突如出現したゾンビたちによって世界は崩壊してしまっていた。

彼女らは、学校に喜んで住んでいるのではなく学校に閉じ込められてしまっていた。

彼女らは、襲ってくるゾンビたちから身を守りながら学校でのサバイバル生活をおこなっていた。

ゾンビたちと戦っていく、恐怖の物語をみていくことができる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170924202849p:plain

(出典:『がっこうぐらし!』) 

 

”ゆるさ”と”恐怖”のギャプ

この作品は、”ゆるさ”と”恐怖”のギャプがすごい作品となっている。

女子高生たちの緩やかな日々と、ゾンビが襲ってくるシーンの二面性がある。

物語を読み進めていくと、違和感を感じることがある。

これらの違和感に関する”謎”も徐々に明らかになっていく。

”ゆるさ”と”恐怖”の両方を味わいたい人には、おすすめの漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170928225832p:plain

(出典:『がっこうぐらし!』) 

 

終わりに

というわけで、「女子高生」「崩壊した世界」「ゾンビ」がキーワードのサバイバル漫画の『がっこうぐらし!』を紹介した。

学園生活部に所属する女子高生たちを中心にして物語が進んでいく。

彼女らのサバイバル生活は、思わぬ方向へと進んでいくことになる。

『がっこうぐらし!』は、”ゆるさ”と”恐怖”の両方を味わえるサバイバル漫画に興味がある人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170928225802p:plain

(出典:『がっこうぐらし!』) 

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki