漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

監督たちの戦いが描かれているサッカー漫画『GIANT KILLING』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

達海猛、35歳、イングランド帰りのサッカー監督で元天才サッカープレイヤー。

好物は大物喰いの「大番狂わせ=GIANT KILLING」

彼は東京下町の弱小プロサッカークラブ、ETUの監督に就任することになる。

彼は意表をつく戦略とカリスマ性で、負け癖のついてしまった選手、スタッフ、そしてサポーターたちにパワーを与え、チームを復活へと導いていく。

監督にスポットライトが当てられたサッカー漫画である。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161018055651p:plain

(出典:『GIANT KILLING』)

 

『GIANT KILLING』のここが面白い

元スーパースター・達海猛

達海猛は、元プロサッカー選手でプレミアリーグのクラブでもプレイをしたことがあるスーパースターである。

35歳という、現役でサッカーをやっていてもおかしくない年齢なのだが、足の怪我が原因で引退してしまった。

そんな、達海は引退後に、イングランドでアマチュアクラブの監督をしていた。

彼は、そのチームで監督としての才能に目覚め、アマチュアクラブとしてはありえないほどの好成績を残していた。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170627115555p:plain

(出典:『GIANT KILLING』)

 

東京下町の弱小プロサッカークラブ「イースト・トーキョー・ユナイテッド」

達海は現役時代には、日本のチームでETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)に所属をしていた。

東京下町の弱小チームで、「毎シーズン降格圏内」「監督がコロコロ変わる」「点が取れない」と子供達にもバカにされてしまっている。

そんな、ETUが次の監督として白羽の矢を立てたのが、達海であった。

達海は監督の仕事を引き受けるのだが、達海はETUを捨てて海外チームに移籍した裏切り者だと、サポーターなどに嫌われた存在であった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170627115608p:plain

(出典:『GIANT KILLING』)

 

GIANT KILLINGを目指して...

戦力は揃っていない、チームでは嫌われている...なぜ達海は、このどうしようもないチームの監督を引き受けたのか?

それは、達海が「弱いチームが強いチームをやっつける”GIANT KILLING”」が楽しくて仕方なかったからであった。

彼は、ETUに戦術を授け、選手を育てて、チームを強くしていき「GIANT KINLLING」を体現していく。

サッカー漫画では珍しい、監督たちの戦いがメインに添えられた作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170627115640p:plain

(出典:『GIANT KILLING』)

 

終わりに

というわけで、監督たちの戦いがメインとなったサッカー漫画の『GIANT KILLING』を紹介した。

新監督となった達海は、弱小チームのETUをゼロから鍛え上げていく。

選手や監督、フロント、サポーターの成長も魅力的である。

『GIANT KILLING』は、プロサッカーチームの戦いが描かれているサッカー漫画に興味がある人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170627115700p:plain

(出典:『GIANT KILLING』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki