読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

女子サッカー部の”超”個性的プレイヤーたちの青春物語『さよなら私のクラマー』【漫画感想】

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

 

周防すみれは、才能溢れるサッカープレイヤーでありながら、チームメイトに恵まれずに中学時代輝くことなく終わったウイングであった。

そんな彼女に対して、ライバルである曽志崎緑は「一緒のチームに行こうよ、一人になんてさせないから」と声をかける。

こうして、二人は同じ高校に入って、チームメイトとしてプレイをすることになった。

彼女らが所属することになった蕨青南女子サッカー部には、一筋縄ではいかない個性的なプレイヤーたちが集まっていた。

高校生の女子サッカーたちの青春を描いたサッカー漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170414014033p:plain

(出典:『さよなら私のクラマー』)

 

「さよなら私のクラマー」のここが面白い

ウイング・周防すみれ

周防すみれは、学生の女子サッカープレイヤーである。

足の速さが際立つウイングで、才能溢れる選手であった。

しかし、中学校時代は周りの選手に恵まれずに活躍することができずに終わってしまった。

高校に入ってからは、クラブでプレイするか強豪校にいくかの選択の中で、すみれに声をかける人物がいた。

それが、曽志崎緑であった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170414014251p:plain

(出典:『さよなら私のクラマー』)

 

ボランチ・曽志崎緑

すみれと同い年のボランチの曽志崎緑は、中学校時代に全国3位の成績を納めたプレイヤーである。

すみれと同じ地区の別チームに所属していて、すみれのチームをいつも負かしていた。

緑はすみれの才能に気づき、高校生の時は一緒にプレイをしたいと考える。

そして、すみれを誘って全国制覇を狙えるような強豪校の”浦和邦成高校”の試合を見学しにいく。

このチームに所属して、すみれと一緒にプレイができると思っていた緑であったのだが、すみれが選んだ高校は、その日”浦和邦成高校”と試合をして完敗していた”蕨青南”であった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170414015453p:plain

(出典:『さよなら私のクラマー』)

 

蕨青南高校女子サッカー部

結局、すみれと緑は弱小高校サッカー部である「蕨青南高校女子サッカー部」に所属することになる。

チームにはまともな選手は少なく、監督にやる気はない。

それでも、このチームには恩田希、白鳥綾など個性的な選手が集まっていた。

彼女らは様々な困難を乗り越えつつも、高校女子サッカーに一波乱を起こしていくことになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170414020944p:plain

(出典:『さよなら私のクラマー』)

 

終わりに

というわけで、女子サッカー部の青春を描いたサッカー漫画の『さよなら私のクラマー』を紹介した。

個性的な女子プレイヤーたちが数多く登場をしてくる。

彼女らの熱い戦いを見ることができる漫画となっている。

『さよなら私のクラマー』は、個性的なプレイヤーたちが多く登場をしてくる女子サッカー漫画に興味がある人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170414021019p:plain

(出典:『さよなら私のクラマー』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki