漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

”黒い”真の姿を持つバドミントン少女・羽咲綾乃の過去には何があったのか『はねバド!』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

母校である県立北小町高校バドミントン部のコーチになった立花健太郎。

部員数が足りず団体戦にも出られない部を立て直せないかと悩む中、運動神経抜群の少女・羽咲綾乃に出会う。

なんとか彼女を勧誘しようとするのだが、綾乃は過去にバドミントンとの因縁があり、バドミントンが好きではないと言う。

どこか抜けていて声も小さいのだが、バドミントンの腕は抜群な綾乃に何とかしてバドミントンをやらせようと画策することになる。

高校の女子バドミントン部での青春物語となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161018174501p:plain

(出典:『はねバド!』)

 

「はねバド!」のここが面白い

バドミントン部新コーチ・立花健太郎

立花健太郎は、現役の大学生であり、母校である県立北小町高校バドミントン部のコーチに就任した。

教え子たちに、インターハイ制覇、全日本制覇、オリンピック金メダルなどを目指そうと叫ぶ熱い男である。

ところが、練習が厳しいと言われてしまい部員は減少、バドミントン部は団体戦にでられないピンチを迎えてしまう。

悩みを抱えていた立花だったが、あるとき学校で運動神経抜群の一人の少女に出会うことになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170606215305p:plain

(出典:『はねバド!』)

 

天才バドミントン少女・羽咲綾乃

立花が見つけたのは1年生の羽咲綾乃であった。

身軽で運動神経抜群であり、さらに立花は彼女の左手にバドミントンでできたと思われるマメを見つける。

羽咲綾乃は、中学校のときバドミントンをやってたことがあり、その名を轟かせていた。

ところが過去の経験が元になって、バドミントンをやりたくないと言う。

立花は、あの手この手を使い、なんとか綾乃をバドミントン部に入れようと奔走することになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170606215407p:plain

(出典:『はねバド!』)

 

隠された綾乃の真の姿

綾乃は、普段は声が小さく人見知りの少女である。

ところが一度ラケットを握って、試合に熱中してくると、その性格が変化していく。

彼女には、”隠された何か”がある。

物語が進んでいくごとに、綾乃の真の姿が明らかになっていくことになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170606221023p:plain

(出典:『はねバド!』)

 

終わりに

というわけで、バトミントンが題材となったスポーツ漫画の『はねバド!』を紹介した。

天才バドミントン少女の羽咲綾乃を中心にして、物語が進んでいく。

バドミントンに熱中する少女たちの姿が魅力的な作品となっている。

『はねバド!』は、激しく熱く、ときに”黒い”青春物語に興味がある人には、おすすめのスポーツ漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170606215351p:plain

(出典:『はねバド!』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki