漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

女子高生は小説家へと変化する『響~小説家になる方法~』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。

編集部員の花井は、応募条件を満たさず、ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。

封を開けると、これまで出会ったことのない革新的な内容の小説であった。

作者の名は、鮎喰響

連絡先は書いていないために、作者のプロフィールが一切わからない状況であった。

花井はあらゆる手段を使って、鮎喰響を探そうと奮闘をするのだが、実は作者の正体はとある女子高生であった。

一人の少女が、日本の文学界に大激震を起こしていく物語となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170409212302p:plain

(出典:『響~小説家になる方法~』)

 

「響~小説家になる方法~」のここが面白い

新人作家・鮎喰響

とある文芸編集部の新人賞宛に直筆の投稿原稿が送られてきた。

新人賞では、ネットからのデータでの募集しか受け付けておらずに、募集要項を満たしていなその原稿は、そのままゴミ箱へと捨てられた。

編集の花井は、何気なくその原稿が拾い上げて読み始めてしまう。

彼女は、作家”鮎喰響”の最初の読者となり、その才能に惚れ込んでしまった。

原稿には連絡先が一切書いていなかったため、住所・年齢・性別などの全ての情報がわからない。

花井は、”鮎喰響”を見つけ出すために、奮闘をし始めることになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170409213314p:plain

(出典:『響~小説家になる方法~』)

 

女子高生・響

鮎喰響の正体は、高校の新入生である響であった。

他人とはあまりコミュニケーションを取りたがらずに、本が好きで文学部に所属している。

性格は「少し変わっている」では済まされないほどに変わっていて、怒り出すと何をしだすかわからない。

ペンを握って、他人の目をつこうとするなど危険な行動が目立っている。

同じ高校に通う、幼なじみの椿涼太郎に様々な面で支えられながら、学園生活を送っていた。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170409213326p:plain

(出典:『響~小説家になる方法~』)

 

天才・小説家

響は自分が書いた原稿を出版社に送ったのだが、その理由は、自分が書いた小説の評価を聞きたいからだけであった。

しかし、その出来栄えの凄まじさによって、プロの編集に目をつけられることになる。

物語が進むにつれて、「女子高生」の響は、「小説家」の響へと徐々に変わっていくことになる。

響の小説家への道のりと、それに関わった人々の物語を見ることができる作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170409220310p:plain

(出典:『響~小説家になる方法~』)

 

終わりに

というわけで、『響~小説家になる方法~』を紹介した。

とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿をきっかけにして物語が動き始める。

響が普通の「女子高生」から「小説家」へと変化していく様子が見て取れる作品である。

『響~小説家になる方法~』は、ひとりの女子高生が小説家になっていく物語に興味がある人には、おすすめの漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170409220256p:plain

(出典:『響~小説家になる方法~』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki