漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

奇跡のような出会いで生まれた二人のコンビの物語『振り向くな君は』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

ぜんそく持ちの少年・成神蹴治は、父・龍が創った桜木高校サッカー部でプレーするのが夢である。

桜木高校入学式の前日、蹴治は北海道からやって来た少年・犬童かおるに出会う。

二人は、訪れた桜木高校の練習試合で急きょ、後半戦から出場することになった。

蹴治は、ぜんそくが原因で大して活躍できないのかと思いきや、蹴治とかおるがピッチに立った時、そこでは奇跡のようなプレーが生まれることになる。

蹴治とかおるのコンビが活躍していくサッカー漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170416181155p:plain

(出典:『振り向くな君は』)

 

「振り向くな君は」のここが面白い

ぜんそく持ちの少年・成神蹴治

成神蹴治は、喘息持ちの少年であり、満足に運動をすることができなかった。

しかし、どうしてもサッカーをしたいと思っていて、一人でコツコツと練習をしていた。

そんな蹴治は、高校に入学した後ではサッカー部に入ってサッカーをしようと決意をする。

しかし、入部するはずの桜木高校サッカー部は廃部の危機を迎えていた。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170531203228p:plain

(出典:『振り向くな君は』)

 

ヤンキーのような見た目の犬童かおる

犬童かおるは、天才的なサッカーセンスを持った少年であり、北海道からやって来ていた。

実はかつてサッカーを教えてもらった師匠が、蹴治の父親であり、その縁で蹴治の存在を聞かされていた。

かおるは、蹴治と一緒にサッカーをしようと思って桜木高校に入学をすること決意する。

そして、偶然出会った二人は、訪れた桜木高校の練習試合で急きょ、後半戦から出場することになった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170531203244p:plain

(出典:『振り向くな君は』)

 

桜木高校廃部の危機を救う!

二人は、桜木高校サッカー部に入部しようと思っていた。

ところが、長い間いい結果を出せていなかったサッカー部は、二人が見学しにいった練習試合に負けると廃部になってしまう危機的な状況に陥っていた。

前半が終了した時点でのスコアは0対4で負けていた。

絶望的な状況で、急きょ試合に出ることになった二人は、奇跡のようなプレーを連発することになる。

この試合から、桜木高校サッカー部の蹴治とかおるのゴールデンコンビが生まれることになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170531203602p:plain

(出典:『振り向くな君は』)

 

終わりに

というわけで、蹴治とかおるのコンビを描いた『振り向くな君は』を紹介した。

蹴治とかおるが桜木高校サッカー部で出会ったところから物語が始まる。

二人は、様々な困難を乗り越えつつ、伝説を作っていくことになる。

『振り向くな君は』は、奇跡のような出会いで生まれた二人のコンビの物語に興味がある人には、おすすめのサッカー漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170531203541p:plain

(出典:『振り向くな君は』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki