漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

「神去村」で巻き起こる個性的な村人たちによる大騒動記『神去なあなあ日常』【小説感想】

スポンサーリンク

 

18歳で高校生の平野勇気は、卒業後はフリーターにでもなって暮らしていこうと考えていた。

そんな平野に対して、担任の先生が突然「就職先を決めといた」と告げてきた。

わけもわからないまま送り込まれた先は三重県の神去村

携帯の県外になるような山奥のド田舎であった。

そこで、仕事として林業をすることになってしまう。

果たして勇気の命運やいかに?

四季のうつくしい神去村で、勇気と個性的な村人たちが繰り広げる騒動記が書かれた小説となっている。

 

「神去なあなあ日常」のここが面白い

平野勇気

平野勇気は特に誇れる能力もない、普通の高校生である。

大学に行けとも言われずに、特に深い思慮もなく、フリーターにでもなろうと思っていた。

そんな、勇気に対した担任の先生である”熊やん”が突如告げた就職先が、「神去村」での林業であった。

当然、勇気は反抗するのだが、母親に脅迫されるような形で家を追い出されてしまう。

途方にくれる勇気は、あれよあれよという間に「神去村」での新生活を始めることになってしまう。

 

神去村(かむさりむら)

神去村は三重県中西部、奈良との県境近くにある。

住んでる村人たちもどこかおかしく、おっとりしているようで静かに破壊的な言動を取ったりとする。

喋っている言葉は、神去弁でなまりがある。

風景は見渡す限りの山々で、携帯の電波も届かないようなど田舎となっている。

勇気は、今までと全く違った環境での慣れない生活に対して、不安だらけになりながらも過ごしていくことになる。

 

個性的な村人たち

神去村に住んでいる村人たちは、個性的な人たちばかりである。

勇気の居候先の”ヨキ”は、山仕事に関しては天才的なくらいよくできて愛妻家なのだが、よく女遊びをしている。

”おやかたさん”と呼ばれる勤め先の社長の中村清一は、1200ヘクタールもの山を持っている日本有数の山持ちである。

そして、その妻の妹の直紀は、都会にもなかなかいないほどの美女であり、勇気は彼女に惚れてしまい、何度も玉砕していくことになる。

他にも、神去村に住んでいる個性的な村人たちが数多く登場をして、勇気と共にひと騒動を起こしていくことになる。

 

終わりに

というわけで、『神去なあなあ日常』を紹介した。

人気作家の「三浦しをん」によって書かれた小説である。

「神去村」で新生活を始めた平野勇気を中心にして、村人たちとひと騒動が巻き起こることになる。

田舎での個性的な人々による物語に興味がある人には、おすすめの小説となっている。

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki