読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

世界を何周もしてきた先輩たちとキノとの会話『キノの旅XX the Beautiful World』【小説感想】

小説・ラノベ 小説・ラノベ-ファンタジー

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

 

人気ラノベシリーズの「キノの旅」の第20巻が、この本である。

キノとエルメスは、旅の中で美しい夕焼けの景色を見た。

そんな、キノに後ろから一人の男が近づいてきた。

「いい景色だろう?キミは、どうやら初めて見るみたいだね」

キノに話しかけてきたその男は、旅の中で世界を何周も回ったことがあるという。

そして、それでも最も美しい景色はここから見るものがと言った。

同時刻に同じ場所にいた人々も口々に同じことを言った。

まだ、世界を周りきっていないキノは、またここに来ようとエルメスと話し合う。

しかし、キノと彼が言う”世界”には、隠された秘密があった。

「旅の話」を含めて全11話の短編が収録される。

 

「キノの旅XX the Beautiful World」のここが面白い

”拘らない国”

「旅人さん!オレには分かるよ、実は女性だろ?マニッシュな雰囲気がステキだぜ!だから単刀直入に言うぜ!オレの彼女にならないか?」

キノは、一人の男にそう話しかけられた。

ガラガラだった店で生魚の切り身を美味しく平らげて、港に面した広い歩道にとめていたエルメスに近づいた時だった。

「はい?」口調は若かったが、実際には四十歳は越えているだろう男だった。

身綺麗で、暑い中、小洒落たジャケットを着ている。

不自然なニコニコ笑顔で、「おっと、怒った顔も綺麗だぜ?」

「いえ、呆れています」「だろう? 呆れた顔も美しいぜ?」

この国には、恋愛に関する不思議な風習が出来上がっていた。

 

”海のない国”

キノとエルメスは、旅の途中で小さな国にたどり着いた。

その国は大きな大陸の中央にあって、海がない国であった。

国民たちは、海の存在を知っていた。

しかし、地理的な条件で海を見たことがある人がいなかった。

「旅人さん、どうか教えてください。ーーー海とは、なんですか?」

キノは、この質問に困ってしまう。

海とは何か?

その質問をズバッと答えるのは難しい。

悩みに悩んだ結果、キノとエルメスは一つの答えを導き出した。 

 

”羊たちの草原”

よく晴れた日、キノとエルメスは次の目的地を目指して西へと進んでいく。

キノが森を見ていると、白い塊が動いているもが見れた。

それは、恐ろしいほどの数の”羊の大群”であった。

そして、この羊たちはキノたちを認識すると、何を思ったのか恐ろしい勢いで突進としてきた。

キノは、この羊の大群たちによって、命を失う危機を迎えることになってしまう。

 

終わりに

というわけで、『キノの旅XX the Beautiful World』を紹介した。

人気ラノベシリーズの「キノの旅」の第20巻である。

全11話の短編が収録されていて、キノとエルメスのコンビが様々な国を旅していく。

社会風刺とも取れる物語が面白い作品となっている。

『キノの旅XX the Beautiful World』は、二人の旅の物語に興味がある人には、おすすめのラノベとなっている。

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki