漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

拉致監禁された姫が、魔王城で欲したものは......睡眠!!「魔王城でおやすみ」【漫画感想】

スポンサーリンク

 

人間と魔物たちが敵対し合っている世界。

魔王は、人間の姫を拉致して、自分の城へと幽閉してしまった。

人々は怒りに燃えて、人間の代表である勇者は、魔王城へと旅だった。

姫は檻の中で自由を失い、悲しみにくれている......のかと思いきや何かがおかしい!?

姫は魔王城の中で、快適な睡眠を求めて動き始めていた。

安眠する方法を探すため、囚われの姫が魔王城で好き勝手に動き回って、魔王たちを翻弄し始めていた。

前代未聞の姫と魔物たちによる、睡眠ファンタジーコメディー漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170213211847p:plain

(出典:『魔王城でおやすみ』)

 

「魔王城でおやすみ」のここが面白い

寝る以外にすることがない

魔王に拉致された人間の姫は、檻の中でこう思っていた。

「...寝る以外...にすることがない。」

せめて檻の中で、安眠をしたいと思っているのだが、「枕の質は悪い」「音がうるさい」「虫に刺される」など魔王城の睡眠環境は最悪だった。

そこで、姫は「魔王城で安眠」をするために動き出すことを決意したのだった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170213212459p:plain

(出典:『魔王城でおやすみ』)

 

安眠のためにあらゆる手段を尽くす

姫が魔王城で安眠するためには、様々な問題があった。

これらをひとつひとつ解決していくために姫は動き始めた。

なぜか牢屋の鍵を持っている姫は、例えば「枕が硬い」と思えば、良い枕を手作りするための素材を求めて魔王城の中を放浪とする。

全ては自分のベットで安眠をするためだけに、姫はありとあらゆる手段を尽くしていく。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170213212633p:plain

(出典:『魔王城でおやすみ』)

 

姫たちに翻弄される魔物たち

魔王城の中には、魔王を始めとして様々な魔物たちがいる。

彼らは、姫を拉致監禁している立場のはずなのだが、姫が安眠を求めて起こす様々な行動に巻き込まれていくことになってしまう。

迷惑を被りながらも、姫のことを温かく見守っていて、ときに姫に協力をする魔物たちも魅力的な漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170213213054p:plain

(出典:『魔王城でおやすみ』)

 

終わりに

というわけで、『魔王城でおやすみ』を紹介した。

魔王城でとにかく安眠だけを求めて動き続ける姫と、それに巻き込まれて迷惑をしている魔物たちのドタバタ劇が見れる。

笑いどころが数多くある作品となっている。

前代未聞の姫と魔物たちによる、睡眠ファンタジーコメディー漫画に興味がある人には、おすすめの漫画となっている。 

f:id:dokusyo_geek_ki:20170213213251p:plain

(出典:『魔王城でおやすみ』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki