読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

マーケティングが学べるおすすめ本を紹介。マーケティングが勉強できる書籍

おすすめ本 おすすめ本-ノンフィクション

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

f:id:dokusyo_geek_ki:20161122042512j:plain

 

商品やサービスを売るために市場調査をし、販売戦力を立てる「マーケティング」活動

自分たちが、作り上げた製品やサービスを売るためには必須のビジネス上の手法である。

そんな「マーケティング」を学ぶことができるおすすめの本・書籍をまとめてみた。

どの本も「マーケティング」の勉強をするのにぴったりで、大学生、経営者・社長、サラリーマン、社会人、主婦、などすべての人におすすめしたい本ばかりである。

海外の有名書籍の翻訳本、名著、人気の本、ベストセラー、話題の本などが数多く含まれている。

それでは、どうぞ。

 

「マーケティング」を学ぶことができるおすすめの本

この1冊ですべてわかる マーケティングの基本

 

マーケティングを学ぶには、まずは利用頻度の高いマーケティングの基本戦力を知っていることが必須である。

そんな、マーケティングを語る上で絶対に必要な、即効性の高いノウハウを得られる入門書がこの本である。

新製品開発、既存商品育成、全社的取組みという、マーケティング業務の進め方までも俯瞰することができる。

また、マーケティングに馴染みのない人は知らない、一般的な製品に用いられる「4P」、サービス業やB2Bに向けては「4C」などの手法やマーケティング用語等についても詳しく解説されている。

統計学を用いて市場を解析するフェルミ推定などの「定量」、アイデアが求められるネーミングなどの「定性」、双方のノウハウが紹介されている。

企業の企画・広報・PR担当者はもちろん、マーケティング関連のコンサルタントなど、「マーケティング」に関わる全てのビジネスマンがまずは読むべき、「マーケティングの入門書」となっている。

 

 

【期間限定無料】ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門

 

どうすれば、他とは違う方法で新規客を集客することができるのか?

そのことがこの本で語られているメインテーマである。

様々な場所で語られているような、普通のマーケティング手法ではない決してない。

  • フェイスブックやユーチューブ、ブログなどを使う方法ではない
  • 今流行っているスマートフォンを使う方法でもない
  • ホームページを作ると言ったインターネットやパソコンを使う方法でもない

同業者に嫌われるほど新規客を集客できる成功事例集が詰まった一冊である。

アメリカを代表するコンサルタントとして、156種類の業種のビジネスに直接協力し成長させてた著者のダン・ケネディ。

毎年100万人以上の中小企業、大企業のビジネスオーナーや起業家に影響を与え、世界一多くの億万長者を輩出して来た。

世界中で学ばれているダン・ケメディ流のマーケティング手法が詰まった本となっている。

この本に書かれているマーケティング手法を使えば、あなたのビジネスも一段階進化するはずである。

 

 

価格 ¥3,800(税抜)今なら無料

 

実戦マーケティング戦略

 

マーケティング戦略はアメリカ発のビジネス上のテクニックで、米国の経営学者が編み出してきた戦略立案法である。

これらはそのままでも十分に役立つのだが、”日本流”にチューニングすればさらに力を増していく。

そんな日本でのビジネスにより特化した「日本流マーケティング」の手法が詰まっているのがこの本である。

米国MBAで経営戦略の基本を身につけ、多くの企業のマーケティング課題を解決している実戦派マーケターの著者が開発した5つの「戦略ピラミッド」を使えば、マーケティングにおけるあらゆる問題を解決することができる。

ところどころに図も散りばめられていて、わかりやすく解説をされている。

大企業、中小企業などあらゆる規模の会社で使うことができる、日本流にアレンジされたマーケティング手法の数々を学びたい人にはおすすめの一冊となっている。

 

 

【期間限定無料】インターネットビジネスマニフェスト

 

この本の著者・リッチ・シェフレンは、インターネット・マーケティングの第一人者として知られて、グーグルやマイクロソフト、ヤフーなどの大企業にから小規模の起業家のマーケティングコーチもして、世界トップレベルの名声を持つ。

彼が個人的にコーチングした人は各業界のマーケティングのエキスパートと呼ばれるような有名人たちで、8ヶ月で平均1億2000万円の売上アップさせた。

そんな彼が解説するインターネット上での、ビジネスの成功のテクニック

成功の秘訣は、ビジネスの「仕組み化」にある。

やるべきこと、やりたいことが多すぎて全然手が回らない。

苦手な仕事は時間かかるくせにうまくできない。

他人に任せたり、外注したとしても、結局そこを「管理」するという新たな仕事が発生してしまう...。

人生や仕事での成功者たち。

自らが望む売上、利益、そして年収を安定的に得続けているビジネスマンや経営者は、 お金に直接つながる超生産的な時間にのみ集中している。

彼らがやっているのは、 自分がいなくてもビジネスが回るように「ビジネスを仕組み化」することである。

この「仕組み化」が、ビジネスで成功を掴み取る鍵となる。

では、自分のビジネスにはどんなプロセスがあって、どこをどうすれば「仕組み化」できるのか?

そんなビジネスの「仕組み化」について徹底的に分析した本がこの「インタネットビジネスマニュフェスト」である。

この本の「マニュフェスト」によって、成功を確実に手にすることができるはずである。

 

 

価格 ¥2,980(税抜)今なら無料

 

白いネコは何をくれた?

 

「今日と同じ明日」がイヤなら、明日をかえる戦略がいる。

「仕事も恋愛もうまくいかないサラリーマン」実直が、「不思議な白いネコ」ボロが出会った。

そして、マーケティングを使って人生の戦略を考え、実践していくことによって、人生を劇的に変えていく 成長と感動の物語が語られている。

仕事」「恋愛」「転職・就職」「人生」はすべてマーケティングで決まる。

能力、才能、学歴、資格、運を持っているだけでは人生において成功をつかみとることはできない。

大切なのは、

あなたが持っている 「能力」「才能」を他人に勝つためにどのように使うのか

「学歴」「資格」を活かして勝つにはどうしたらいいか

「運」をどう使うか、「運」が悪いときでもいかに負けないか

なのである。

勝つためには、戦略が必要なのである。

そして、「人生の戦略」はマーケティング戦略が極めて有効に働く。

この本によってマーケティングを学べば、人生戦略だけでなく、「恋愛」「営業」「経営」「企画」「販促」などでも結果を出せるマーケティングを身につけることができる。

 

 

顧客の「本音」がわかる9つの質問

 

100億売るマーケティングの極意。

「ビジネスの売上があがらない」「顧客が考えていることがわからない」「結局どうしたらいいかわからない」というビジネスで頻繁にある悩み。

よくあることなのに、これらの問題の解決は難しく、ビジネスにおける本質的な悩みでもある。

そんな「悩み」の解決法を、凄腕のコンサルタントであり、ネットビジネスで100億円の売り上げを上げるまでに成長させた著者が存分に語ったのがこの一冊である。

自分たちの商品やサービスを買う「顧客」の「本音」はどこにあるのか?

この本音さえ引き出せれば、売上を上げる近道となる。

著者の経験から編み出した「顧客の本音を引き出す9つの法則」が書かれている。

リサーチの常識を根底から覆すマーケティングの極意が詰め込まれている本となっている。

 

 

脳科学マーケティング100の心理技術

 

現代の脳科学は、 私たちの脳の内側を見つめ、心理学のブラックボックスを開けることに成功した。

今やfMRIによる脳の活動のスキャンによって、脳の反応や活動を科学的に測定することができる。

たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの脳の反応が、痛いと感じたときの反応と非常によく似ていることがわかる。

これらの脳活動のデータを統計的に活用すれば、広告や製品における顧客の反応を科学的に予測することができる。

脳科学の技術をマーケティングに活用した最先端の「脳科学マーケティング」。

その理論的な裏づけや、活用方法が書かれているのがこの本である。

脳科学のマーケティングのテクニックが適切に使われれば、より優れた広告、より優れた商品が生まれ、顧客はより満足する。

誰だって気に入ったと思える商品が欲しいし、退屈なコマーシャルは見たくない。

「顧客の脳」にダイレクトにアクセスするマーケティング手法が書かれている本となっている。

 

 

市場独占マーケティング

 

ごく少数の人にとって、大きな価値がある存在になる。

買い逃す人が出てくることを恐れてはいけない。

商品が同じでも、需要と供給の関係が変われば利益率も変わる。

市場の一段深いレベルに潜り、普通の経済や業界から離れ、自分だけの市場を作る。

市場から独立する=熱心なファンを集める

このことができれば、あなたの顧客は、ライバル企業が提供する割引商品やありきたりな戦略には見向きもしなくなる。

あなたからでなければ、反応しなくなるのだ。

5000~1万人の熱心なファンを取り込めれば、あなたは小さいながらもすばらしい、独占的な市場のビジネスを手にすることができる。

それらの顧客から大きな売上を手にすることができれば、あなたのビジネスは大きな成功を収めることができる。

そんな、「市場独占マーケティング」の手法が書かれているのがこの本である。

普通のマーケティング戦略とは、少し変わったマーケティング戦略が語られている。

 

 

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

 

お金がないならアイデアを振り絞れ。

後ろ向きコースター、ゾンビの大量放出、絶対生還できないアトラクション、数々の斬新なアイデアによって経営不振だったUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)をV字回復させた著者。

著者はよく「アイデアマン」と言われるが、当人は決して「クリエイティブ」な人間ではなく、むしろ論理や数字で物事を考える人だと言う。

そんな人間がいったいどのようにして斬新なアイデアを思いつく続けてきたのか?

その方法が包み隠さずに語られ尽くしている。

ビジネス、学業、生活、人生。アイデアが全く必要でないことなんて何ひとつとしてない。

お金がなくても、コネがなくても「アイデア」だけは誰の頭の中にも眠っている。

しかし、誰もそれに気づいていないだけなのである。

マーケティングには、客の需要を見極めることが必要で、このことはUSJでも同じこと。

そんなマーケティングにおける「アイデア」を振り絞る方法論が書かれた本となっている。

 

 

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り

 

人気のある「いちばんやさしい教本」シリーズから出た「コンテンツマーケティング」の解説書

コンテンツマーケティングとは、ウェブサイト等で、読者にとって価値あるコンテンツの制作して、ファンの獲得をし、顧客として売上を上げるマーケティング手法のことである。

  • 商品やサービスの売り込みに限界を感じている人
  • 広告による集客効果に疑問を抱いている人
  • SEOはひととおりかじったがビジネスに結び付く実感がない人
  • 最新のマーケティングトレンドに関心のある人
  • コンテンツマーケティングって聞いたことはあるがよく分からないという人
  • マーケティングの概念だけでなく「実践」に本気で取り組みたい人

などにとっては、必ず学ぶことのある一冊となるだろう。

図が多く入っているので、非常にわかりやすい。

ウェブサイトにおける、「読者→ファン→顧客」へと変わる態度変容メカニズムを詳しく解説した、コンテンツマーケティングが学べる本なっている。

 

 

実戦BtoBマーケティング

 

企業を顧客にする企業が使うマーケティン手法である「BtoBマーケティン」。

この本でのBtoBマーケティングは、顧客戦略、商品戦略、差別化戦略、経営戦略までが幅広く扱われている。

なぜあなたの商品は「顧客に選ばれない」のか?

なぜあなたの営業が「顧客に刺さらない」のか?

それらの疑問は、この本で語られている、頼られる存在になるための「5つの秘訣」によって全て解消されるだろう。

企業を顧客とする会社の経営者・経営企画担当部署、法人営業・営業企画担当部署、商品企画・開発担当部署、イベント・展示会・HP担当部署など、全てのBtoBのに関わる人にとって参考になるマーケティングの本。

「顧客力強化」を図るための実務がマーケターによって具体的に解説されている一冊となっている。

 

 

クチコミ客を引き寄せる 草の根マーケティング成功戦術大全

 

クチコミ客を引き寄せる 草の根マーケティング成功戦術大全

中小規模の地域ビジネスには、普通のマーケティングとは少し違ったアプローチが必要になる。

大規模な全国チェーンの単純・小型化バージョンを目指しても事業は決して成功しない。

最もパワフルで儲かっている中小ビジネスを所有や運営、宣伝する人々が大きく頼っているのは、著者が「草の根」マーケティングと呼ぶ、街頭レベルでの直の接触を通じた活動である。

これらは、顧客や地域社会、日々の活動と一体になっている。

現在はハイテク時代で、FacebookやTwitter、ブログなどがある。

確かにこうしたハイテクツールはすべて役には立つが、草の根活動の代わりにはなれないと判明している。

本物の草の根マーケティングを確実に実行していけば、どんな分野のビジネスでも、他社が苦戦している中で業績を伸ばし、他社の最盛期よりもはるかに成功して、持続可能な独自の強みを作り出すことができる。

口コミで顧客を呼び寄せる草の根マーケティングの手法に興味がある人にはおすすめの本となっている。

 

 

ザ・ローンチ

 

ビジネスを構築するには絶対的な「公式」がある。

この本の公式を学べば、起業でも商品開発でも、あっという間に新たなサービスの展開ができるようになる。

ビジネスや予算がごく小規模であっても、次々に画期的な商品・サービスを作り上げて、競合他社をことごとく排し、市場で確固たる地位を築くことが可能だ。

なぜなら、そのためのプロセスや公式というものが存在するからだ。

その公式は、この本に書かれている。

この本で紹介されている「公式」は、その威力が繰り返し実証された、商品やサービスを速やかに売り始めるためのロードマップだと言うことができる。

この公式を正しく学び、使いこなすことができれば、ビジネスでの成功をつかみとることができるようになる。

ビジネス構築の「公式」に興味がある人にはおすすめの本である。

 

 

あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ

 

この本は、10年以上前にベストセラーとなったマーケティングの本である。

そして、その本が時代が大きく変化したにも関わらずに、未だに読み継がれている。

このことが、この本に書かれているマーケティングテクニックの威力を証明していると言えるだろう。

5000社以上で実践された短期間で売り上げを上げる技術。

無駄に時間をかけず、売り上げを飛躍的に伸ばすマーケティング法とは何か?

それは、マーケティングの従来の常識である「顧客主体の営業」から、「営業側主体の営業」へ転換することである。

営業側主体の営業とは、商品を買う際、客自らが店を探し出し、買わせてくれと言わせる方法である。

これを、エモーショナル・マーケティングと呼ぶ。

つまり、客のエモーション(感情)を知り、相手の反応を誘発させることによってこの現象を作り出すのである。

このマーケティング手法のひとつであるエモーション・マーケティングについて学びたい人にはおすすめの本となている。

 

 

世界一ずる賢い価格戦略

 

経営者や起業家のみならずマーケターやセールスマンなど「売る」ことを仕事にする方は必見の一冊。

ビジネスは価格に生きて価格で死ぬ。

著者のダン・ケネディがこう言うように、価格こそがビジネスの生命線である。

実際、価格設定を失敗してしまうと、ビジネスそのものが上手くまわらない。

商品の値段を高くし過ぎると全く売れないし、安くすると利益が出なくなり価格競争に巻き込まれてしまうからである。

では、商品を売るときにどうやって価格を決めればいいのだろうか?

また、無料、割引、値上げの使い方はどうすればいいのだろうか?

そんな、圧倒的に売るための「価格戦略」について徹底的に掘り下げたのがこの本である。

理論編や実践編に分かれて、値段を決めるための効果的な手法を身につけることができる。

「ずるい」と言えるほどに強烈な「価格戦略」について学べる本となっている。

 

 

ドリルを売るには穴を売れ

 

モノを売るすべての人に向けたマーケティングの入門書である。

タイトルの「ドリルを売るには穴を売れ」とは、マーケティング業界でよく言われる言葉で、「商品を売るには、顧客にとっての『価値』から考えよ」という意味である。

本書では「価値」を切り口にして、売り方の基本を

「あなたは何を売っているのか(ベネフィット)」

「誰に売っているのか(ターゲティング)」

「あなたの商品でなければならない理由はなにか(差別化)」

「その価値をどうやって届けるのか(4P)」

という流れに沿って解説していく。

また解説と平行して、新人マーケッターが閉店寸前のレストランを復活させるサブストーリーも展開されているので、物語として楽しんで読んでいくうちに、マーケティング手法の解説の内容がしっかり実感できるようになっている。

マーケティングを本質的かつ体系的に理解できる「読みやすい教科書」と言える一冊である。

 

 

影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか

 

社会で騙されたり丸め込まれたりしないために、私たちはどう身を守れば良いのか?

ずるい相手が仕掛けてくる“弱味を突く戦略"の神髄をユーモラスに描いた、世界でロングセラーを続ける社会心理学の名著。

セールスマン、募金勧誘者、広告主など承諾誘導のプロの世界に潜入し、彼らのテクニックや方略から「承諾」についての人間心理のメカニズムを解明した本である。

情報の氾濫する現代生活で、だまされない賢い消費者になると共に、プロの手口から人を説得するやり方を学ぶ。

彼らのような、自分たちのサービスを売るプロフェッショナルの手法を参考にすれば、あなたのサービスも面白いように売れるようになってくる。

ネット時代の密かな広告戦略や学校無差別テロの原因など、社会を動かす力の秘密も体系的に理解できる一冊となっている。。

 

 

インターネットマーケティング最強の戦略

 

あなたは、ネット集客についてこんな間違いをしていないだろうか?

  • あなたはなぜ、ホームページにアクセスを集めるだけじゃダメなのか、知っていますか?
  • なぜ、商品が売れないのか、本当の理由を知っていますか
  • なぜ、オフラインとオンラインでマーケティングの方法が違うのか、知っていますか?
  • なぜ、本で読んだことをそのまま信じてはいけないのか、知っていますか?
  • なぜ、インターネットでは小さい会社の方が有利なのか、知っていますか?
  • キャッチコピーを書くなら、なぜ、商品を売らないほうがいいのか、知っていますか?
  • なぜ、うまくいっている会社の真似をしてもうまくいかないのか、知っていますか?

インターネットで商売を展開しようと考え始めた社長や起業家のほとんどが、このようなポイントで”ちょっとした勘違い”をしている。

そして、インターネットの本当の力を自分のビジネスに活用できずにいる。

インターネット上のマーケティングは、今までのマーケティングとは少し違っている。

そして、そのちょっとした違いを知っているかどうかが、インターネット上でのマーケティングで結果を出せるかどうかの差である。

この本には、その”ちょっとした秘密”が 書かれている。

著者自身も、このちょっとした秘密をひたすら使い続けるだけで、会社を大きくしてきた。

そして、現在もこの秘密を使い続けて、新しいビジネスをどんどん作っている。

インターネット・マーケティング最強の戦略が書かれた、インターネットでのビジネス全てが集約された一冊となっている。

 

 

まとめ

というわけで、「マーケティング」を学ぶことができるおすすめの本を紹介した。

どの本も「マーケティング」が学べるビジネス本であり、「ためになる本」となっている。

大学生、経営者・社長、サラリーマン、社会人、主婦、などすべての人にとって勉強になる本ばかりである。

「マーケティング」の初心者で初めてマーケティングを学ぶ人、自分のマーケティングの知識をさらに高めたい人などにおすすめの本ばかりである。

海外の有名書籍の翻訳本、人気の本、ベストセラー、話題の本などが数多く含まれている。

何かが”ひっかかる”本があれば、ぜひとも手にとってみてください。

 

関連記事

 

dokusyo geek ki