漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

”1アウト500万円。1失点で5000万円の罰金”の契約で野球の試合をしていく『ONE OUTS』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

賭野球“ワンナウト”で最強のピッチャーが沖縄にいた。

ルールはシンプルでワンアウトをとったら勝ち、打たれたら負け。

この賭博で数百万の金が動く。

そのピッチャーは120km/hの球しか投げられないのに何故か誰も打つことができなかった。

彼に目をつけたプロ球団は、彼をプロにすべく驚くべき契約をする。

その契約とは、1アウト500万円。1失点で5000万円の罰金だった。

成績で多額の金が動く。

まさに”ワンアウト”に全てがかかっているのだ。

金と野球が合わさったギャンブル漫画。

全20巻完結済み。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160410173820p:plain

(出典:『ONE OUTS』)

 

「ONE OUTS」のここが面白い

隠れた天才ピッチャー・渡久地東亜

渡久地東亜は、ワンアウトをとったら勝ち、打たれたら負けの野球賭博をしているピッチャーである。

アマチュアのピッチャーでありながら、この賭博で数百万以上の大金を稼いでいる。

彼の投げる球は、120km/hそこそこの直球だけで打ちやすそうに見えるのだが、誰にも打つことができない。

渡久地東亜や彼が投げる球には、とある秘密が隠されていた。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160410173820p:plain

(出典:『ONE OUTS』)

 

プロ野球選手との勝負!

沖縄で自主トレに励むプロ野球選手の“天才打者”児島弘道がいた。

彼はこの野球賭博で渡久地と勝負することになる。

プロ対アマチュアの勝負で、明らかに児島が有利な戦いである。

ところが、この戦いでの予想外の結果が、渡久地と児島の人生を大きく変えていくことになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160410173820p:plain

(出典:『ONE OUTS』)

 

1アウト500万円。1失点で5000万円の罰金

彼に目をつけたプロ球団は、彼をプロにすべく驚くべき契約をする。

その契約とは、1アウト500万円。1失点で5000万円の罰金だった。

成績で多額の金が動く。

渡久地は、この契約の中で、想像を絶するとんでもない野球の試合の数々を繰り広げていく。

一試合の中で、多額の金が動いていくとんでもない野球漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160410173820p:plain

(出典:『ONE OUTS』)

 

終わりに

というわけで、金を賭けて試合をしていく野球漫画の『ONE OUTS』を紹介した。

「1アウト500万円。1失点で5000万円の罰金」の契約の中で試合をしていく。

渡久地は、この契約の中で、想像を絶するとんでもない野球の試合の数々を繰り広げていく。

全20巻で完結済み。

『ONE OUTS』は、ギャンブルと野球が融合した独特の野球漫画に興味がある人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160410173820p:plain

(出典:『ONE OUTS』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki