読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

弟がでてくる漫画のおすすめ作品を紹介する。弟が登場する面白い漫画

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

f:id:dokusyo_geek_ki:20170323154145j:plain

 

弟がでてくる「弟漫画」は、数多く存在している。

弟が登場して物語を紡いでいく漫画の総称となっている。

そんな「弟漫画」の中でおすすめの面白い作品を厳選してまとめてみた。

ジャンルとしては日常、ギャグ・コメディ、恋愛漫画などを中心にして、少年コミック、少女コミック、青年コミックなどの中から、連載中、完結済みの形式は問わずに名作・傑作・人気作をまとめてある。

それでは、どうぞ。

 

「無料」で漫画を読みたい人はこちらの漫画アプリがオススメです。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ

 

おすすめの面白い「弟漫画」まとめ

鋼の錬金術師/全27巻

 

左足と右腕が作り物の兄・エドワード・エルリック、全身が鎧の弟・アルフォンス。

物質の構成や形を変えて別の物に作り変える、錬金術。

二人の若き兄弟錬金術師は過去に禁忌の術、人体錬成に手を出し、その代償として体を失った。

二人は失った体を取り戻す方法を探すための旅にでる。

「錬金術」「等価交換」「賢者の石」「ホムンクルス」などの練りこまれた設定を楽しむことができる漫画で全27巻で完結済み。

最初から物語がノンストップで駆け抜けていき、爽やかなエンディングを味わうことができる未来に渡って語り継がれていくだろうなと思う傑作漫画である。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170321212005p:plain

(出典:『鋼の錬金術師』)

 

3月のライオン

 

その少年は、幼い頃すべてを失った。夢も家族も居場所も─。

この物語は、そんな少年がすべてを取り戻すストーリー。

その少年の職業は将棋の棋士。桐山零の闘いと成長の日々を描く作品。

中学生で将棋のプロになった天才少年の話。

桐山零が将棋を通じて様々な人々と出会い成長をしていく話。桐山少年の葛藤と戦いの日々に痺れる。

登場する棋士たちをはじめとする人々の魅力的な漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170320215815p:plain

(出典:『3月のライオン』)

 

宇宙兄弟

 

2025年。人類は宇宙へと消えない夢を描き続けている。

幼少時代、星空を眺めながら宇宙への約束を交わした兄・六太と弟・日々人。

そして数年ご、弟は約束どおり宇宙飛行士となり、月面の第1次長期滞在クルーの一員となっていた。

一方、兄の六太は会社をクビになり、無職の人。夢は語るには遠すぎるところまで離れてしまっていた。

だが、弟からのメッセージによって六太は、もう一度宇宙を目指す道のりを歩み始めることになる。

宇宙に魅せられた1組の兄弟の物語となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161105132112p:plain

(出典:『宇宙兄弟』)

 

ONE PIECE

 

言わずとも知れた、日本一売れている漫画。

時は大海賊時代。

伝説の海賊王G・ロジャーの遺した「ひとつなぎの大秘宝」を巡って、幾人もの海賊達が戦っていた。

そんな海賊に憧れる少年ルフィは、海賊王目指して大いなる旅に出る。

仲間を増やして、海軍や敵対する海賊と戦っていく大冒険ファンタジー。

どの世代の人が読んでも面白い大傑作。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170321220830p:plain

(出典:『ONE PIECE』)

 

青の祓魔師

 

悪魔の血を継ぐ少年・奥村燐の前に、突如父を名乗る魔神が現れ、悪魔が棲む虚無界へと連れ去ろうとする。

燐はその勧誘を拒絶し、人間側の祓魔師になって魔神と闘うことを決意した。

人間vs悪魔の頂上決戦が描かれた作品。

人間ではないが人間側で闘う燐の苦悩と友情の物語でもある。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170321213854p:plain

(出典:『青の祓魔師』)

 

エム×ゼロ/全10巻

 

私立聖凪高校の入試に落ちてしまった九澄大賀。

勢いで聖凪高校に押しかけるとトラブル巻き込まれて校内に潜入することになってしまう。

そこは、教師も生徒も魔法を使う魔法学校に通うだった。

学校の秘密を知ってしまった大賀は、全く魔法が使えない状況で魔法を使えるふりをしながら聖凪高校に通うことになった。

「学園」×「魔法」の作品。全10巻で完結済み。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170320215010p:plain

(出典:『エム×ゼロ』)

 

北斗の拳/全27巻

 

最終戦争により、荒廃し弱肉強食の世界になった世紀末。

一子相伝の暗殺拳“北斗神拳”の伝承者・ケンシロウが、救世主としてこの世界を救うために歩み始めた。

愛に生き、戦いのたびに哀しみを背負っていくケンシロウの姿がかっこいい。

様々な種類の拳法使いたちが己の命と誇りを戦いを繰り広げていく。

全27巻で完結済み。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170321223104p:plain

(出典:『北斗の拳』)

 

鬼灯の冷徹

 

死者が集まる場所・地獄。

地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。そんな広大な地獄の代表・閻魔大王の第一補佐官・鬼灯。

彼は、冷徹で超ドSな性格をしていた。

今日も彼は、部下の鬼を統括して、地獄に落ちてきた死者を痛めつけて、ついでに閻魔大王を痛めつけるという業務で忙しくしている。

全てはよりよい地獄を作るために。

そんな、鬼灯と地獄の住人たちの日々を描いた作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170320233014p:plain

(出典:『鬼灯の冷徹』)

 

式の前日/全1巻

 

双子の兄弟、ワケありの親子、結婚をひかえた男と女…。

“ふたりきり”という情景を温かく、鮮やかに切り取った珠玉の短編よみきり集。

表題作の「式の前日」には誰もが騙されるはず。

やられたっとも思うが、それがどこか心地いい。

ほっこりする短編集。 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160326000557p:plain

(出典:『式の前日』)

 

さよなら絶望先生/全30巻

 

希望に胸を膨らませた登校途中の少女が、桜並木で出会ったのは、新クラスの担任の先生だった。ただし、首を吊った状態で。

この先生はとにかくネガティブで世の中のあらゆる物に対して、うがった見方をしている。

そんな社会に”絶望”しきった先生とその生徒たちによるギャグ漫画。

生徒たちも、超ポジティブ少女、引きこもり、難民、多重債務者、毒舌などとかなり癖がある。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170321222114p:plain

(出典:『さよなら絶望先生』)

 

それでも町は廻っている

 

人情あふれる丸子商店に存在するメイド喫茶「シーサイド」。

ありふれた町のちょっとおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられるドタバタ活劇。

女子高生探偵に憧れる天然少女・嵐山歩鳥とその愉快な仲間たちが織り成す物語となっている。

基本的に一話完結の短編が続いている。

日常系とミステリーが融合したゆるい雰囲気の漂う作品である。 

f:id:dokusyo_geek_ki:20170319102053p:plain

(出典:『それでも町は廻っている』) 

 

レベルE/全2巻

 

現在 地球には数百種類の異星人が行き交い生活している

気づいていないのは地球人だけなのだ...

 

宇宙一の天才的な頭脳と美貌、そして最悪な性格の持ち主・ドグラ星第一王子…人呼んで「バカ王子」。

このドグラ星王子によって地球はときに掻き回され、ときに救われる。

彼に振り回されるのは、地球人の野球少年・悪ガキ5人組など。

その智略を尽くした悪巧みに苦しめられていく。

『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博による2巻完結作品。

想定外の方向に転がっていく物語の結末がすごい! 

f:id:dokusyo_geek_ki:20170321215949p:plain

(出典:『レベルE』)

 

ドラゴンボール/全42巻

 

山奥に住む怪力で、孫悟空。

ある日悟空は、七つ揃うとどんな願いも叶うという、ドラゴンボールを探すブルマに出会う。

ドラゴンボールを一つ持っていた悟空は彼女とともに、悟空もハラハラドキドキの旅へ出発する。

巻が進んで行くにつれて悟空の出生の秘密が明らかになったり、宇宙人が出てきたり、スーパーサイヤ人のなったりとどんどんとスケールの大きな物語となっていく。

全42巻で完結済み。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170321221845p:plain

(出典:『ドラゴンボール』)

 

兄弟にゃんこスウとクウ

 

猫を買いたいと思い、猫をもらいに行くと、そこには兄弟猫が。

兄弟なのにトラ柄と黒と見た目の柄が全く違う二匹の猫を、「クウ」と「スウ」と名付けて飼うことなった。

いつでも一緒の仲のいい兄弟猫。

この二匹が巻き起こす微笑ましい事件の数々を描いた猫エッセイとなっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160802024340p:plain

(出典:『兄弟にゃんこスウとクウ』)

 

金色のガッシュ!!/全16巻

 

天才高校生・高嶺清麿の目の前に赤い本を持った謎の子供・ガッシュ・ベルが現れた。

清麿が本を開き、「ザケル」と叫ぶとガッシュの口から強烈な電撃が発せられた。

ガッシュと同じ力を持つ100人の魔物の子供たちが、人間のパートナーと共に生き残りをかけたサバイバルバトルが幕を上げた

コルルの再登場シーンの台詞がかなり感動的。

全16巻で完結済み。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160718230206p:plain

(出典:『金色のガッシュ!!』)

 

男子高校生の日常/全7巻

 

世界一バカな人種といえば、「男子高校生」。

有り余る体力やエネルギーと時間は、訳のわからない方向へと向かっていく。

そんな、おバカな男子高校生たちの学校生活や放課後を描いたギャグ漫画。

男子校に通う男子高校生たちが、全力ではしゃいで騒ぎまくる。

どうしようもない行動の数々を見て、お腹を抱えて笑いまくれる作品となっている。

全7巻で完結済み。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170320235256p:plain

(出典:『男子高校生の日常』)

 

FAIRY TAIL

 

探し物から魔物討伐まで、様々な仕事を仲介してくれる魔導師ギルド。

一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィは、火を操る魔導士・ナツと出会い、彼のギルド”妖精の尻尾(フェアリーテイル)”に勧誘される。

そこはめちゃくちゃなメンバーが集まるお騒がせ集団だった。

魔法にドラゴンが出てくる王道の冒険ファンタジー。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170319113347p:plain

(出典:『FAIRY TAIL』)

 

双亡亭壊すべし

 

大正時代より、東京・沼半井町に傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷。

名を「双亡亭」と言う。

立ち入った先で闇と出会ってしまったら、もはや己は己でなくなってしまう。

何故「双亡亭」という不可解な屋敷ができてしまったのだろうか?

遺恨を辿る者達は、その門戸へと導かれ、集い、挑む。

おぞましき屋敷を破壊する為に、人々が戦っていく物語が楽しめるようになっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170320222610p:plain

(出典:『双亡亭壊すべし』)

 

あいうら/全7巻

 

ウザいくらい元気、やる気ゼロ、ちっさい、マジメなど、結構普通な女子高生たちの楽しくてどうしようもない日常を描いた作品。

別に魔法が使えるわけでもない彼女らは今日も学校に向かい、友達たちと取り留めのない会話に興じる。

彼女らの物語は入学式の日の出会いから始まり、卒業までの3年間続く。

女子高生たちの日常を見ながら笑えるギャグ漫画。

四コマ漫画で、全7巻で完結済み。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170320221431p:plain

(出典:『あいうら』)

 

銀魂

 

江戸では、突如宙から舞い降りた異人「天人」の台頭と廃刀令により侍が衰退の一途をたどっていた。

しかし一人、木刀を脇にさして侍の魂を堅持する男が。その名は坂田銀時。

甘党&無鉄砲なこの男が、腐った江戸を一刀両断する。

ギャグが多めの話とシリアスなアクションの話が両立している漫画。

下ネタを使ったギャグもあり、特に将軍がでてくるギャグ回がとにかく笑えてひどい。

ギャグ漫画として読んでもバトル物として読んでも面白い作品。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160717190150p:plain

(出典:『銀魂』)

 

まとめ

というわけで、弟がでてくる「弟漫画」をまとめてみた。

弟が登場して物語を紡いでいく漫画の総称となっている。

ジャンルとしては日常漫画、ギャグ・コメディ、恋愛漫画などを中心にして、少年コミック、少女コミック、青年コミックなどの中から、連載中、完結済みの形式は問わずに名作・傑作・人気作をまとめてある。

興味がある作品があればぜひ読んでみてください。

 

「無料」で漫画を読みたい人はこちらの漫画アプリがオススメです。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ

 

関連記事

 

dokusyo geek ki