漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

追い詰められた人間の”悪意”が凄まじいホラー漫画『屍鬼』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

猛暑の夏、山に囲まれた人口わずか1300人の外場村で、原因不明の3名の死体が発見された。

これはただの始まりに過ぎなかった。

村では連続して不審死が続いていく。殺人か、未知の疫病か、それとも…。

相次ぐ怪事件、凄烈なる夏が始まる。

追い詰められた人間の”悪意”が凄まじいホラー作品。

全11巻で完結済み。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160427025325p:plain

(出典:『屍鬼』)

 

「屍鬼」のここが面白い

外場村に引っ越してきた少年・結城夏野

外場村は、人口わずか1300人の過疎の村である。

この外場村に去年引っ越してきたばかりの少年・結城夏野がいた。

彼は、村が嫌いですぐにでもこの村から出ていきたがっている。

猛暑の夏。そんな彼がいる外場村で村の存続を脅かす大事件が巻き起こり、彼はその事件の中での中心的な人物となってしまう。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160427025325p:plain

(出典:『屍鬼』)

 

新たな住人・兼正

外場村には、新たな住人である桐敷一家が引っ越してきた。

田舎の村には全く馴染まない大きな洋館を立てていて、村では変わった人たちだと思われている。

華やかさを持った人物たちで、日が沈んだ夜にしか目撃情報がなり。

彼らの引っ越しを時期を同じくして、外場村に事件が起こり始める。 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160427025325p:plain

(出典:『屍鬼』)

 

村で起き始めた異変の数々

外場村で、原因不明の3名の死体が発見されてしまった。

死んだのは老人たちばかりで、当初は自然死であると思われていた。

ところが、結城夏野の同級生である女子高生・清水恵が行方不明になって、そして死んでしまう。

村では何か異変が起きている...

疑念を持った、結城夏野や外場村の医者の尾崎敏夫、寺の跡取り・室井静信などが調査に乗り始めることとなる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160427025325p:plain

(出典:『屍鬼』)

 

終わりに

というわけで、過疎の村である”外場村”を舞台にしたサスペンス漫画である『屍鬼』を紹介した。

村で起こる連続した不審死から

追い詰められた人間の”悪意”が凄まじいホラー作品となっている。

全11巻で完結済み。

『屍鬼』は、背筋が冷たくなるようなホラー漫画を読んでみたい人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160427025325p:plain

(出典:『屍鬼』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki