読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

神話はなんのために生まれ、何を語ろうというのか?『神話の力』【本感想】

ノンフィクション ノンフィクション-社会

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

 

ギリシャ神話、ローマ神話など、世界には様々な神話が存在している。

世界中の民族がもつ独自の神話体系には共通の主題や題材も多く、社会の見えない基盤となっている。

神話はなんのために生まれ、現代人に何を語ろうというのか?

神話学の巨匠たちが、古今東西ありとあらゆる神話について語り尽くした対談本である。

「神話」に対して、新たな見方をすることができるノンフィクションの本となっている。

 

「神話の力」のここが面白い

神話は、現代にも大きな影響を与えている

「神話」と言えば、昔は読まれていたが、今となっては過去の遺物であるとのイメージがある。

しかし、本当にそうなのだろうか?

「神話」は現代の世界にも大きな影響を及ぼしている。

ジョン・レノン暗殺からスター・ウォーズまでを例に。現代人の精神の奥底に潜む神話の影響を明らかにしている。

綿々たる精神の旅の果てに私たちがどのように生きるべきか、という答えも探っていく本となっている。

 

神話学の巨匠たちによる対談本

『神話の力』は、ジョーゼフ・キャンベルとビル・モイヤーズの神話学の巨匠たちによる対談本である。

「神話と現代の世界」「最初のストーリーテラーたち」「女神からの贈り物」「愛と結婚の物語」...といった内容で話が進んでいく。

神話の新たな見方が見つかるノンフィクション本である。

 

「神話」は私生活に役立つのか?

神話の知識は、果たして現代人の私生活に役立つのだろうか?

著者曰く、「どうぞそのままあなたの生活をお続けなさい。それは立派 な人生です。 あなたに神話の知識などいりません」である。

確かに、神話が直接的に、現代人の仕事や生活に直接的には役立たない。

だが、神話は現代の様々な事件などに、密かに影響を与えているのである。

ジョン・レノン暗殺からスター・ウォーズまでを例に。現代人の精神の奥底に潜む神話の影響を明らかにしている。

また、神話というテーマで世の中を捉えれば、人生を豊かにし、活性化してくれるような深みのある情報与えてくれることになる。

 

終わりに

というわけで、『神話の力』を紹介した。

神話学の巨匠たちによる、神話を語り尽くした一冊である。

神話に興味がない人にも、神話に興味を持てるような内容となっている。

現代に影響する神話の力に興味がある人には、おすすめのノンフィクション本となっている。

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki