読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

転生した先は、なんと”剣”でした『転生したら剣でした』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

とある男が車にはねられて死んでしまった。

人生がここでおしまい...かと思いきや、彼はファンタジーな異世界で新たな命を授かって”転生”した。

ここまでは、転生系のよくある漫画であるのだが、ここからが少しおかしい。

彼が転生した先は、”剣”であった。

この剣は、異世界で会った「名無し」の奴隷・黒猫族の少女が所有者となる。

何も持っていない一人と一本の剣は、異世界で成り上がっていくことになっていく。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170517202142p:plain

(出典:『転生したら剣でした』)

 

「転生したら剣でした」のここが面白い

転生したら剣でした。

とある男が、スマホ片手に運転をしている車にひかれて死んでしまった。

死んだはずの彼が目を覚ますと、そこは現世ではなく、ドラゴンが飛び交うファンタジーな異世界であった。

彼は、”剣”として転生して生まれ変わった。

こうして、この男は剣として、第二の人生を歩み始めることになる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170517202805p:plain

(出典:『転生したら剣でした』)

 

「名無し」の奴隷・黒猫族の少女

転生したとはいえ、彼はただの剣であり、一人でできることはたかがしてれている。

誰かに所有して貰えなければ、自由に動き回れない。

そんな”剣”を見つけたのは、「名無し」の奴隷の黒猫族の少女であった。

彼女は剣の所有者になったことをきっかけにして、異世界で成り上がっていくことになっていく。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170517203811p:plain

(出典:『転生したら剣でした』)

 

「スキル共有」の能力

この”剣”には、「スキル共有」能力と敵のスキルを奪える能力がある。

剣は敵を倒せば倒すほどに能力が増えていき、その能力は黒猫族の少女と共有をすることができる。

二人はこの能力を有効活用していくことによって、異世界で力を発揮していく。

一人と一本の剣の物語が見られる漫画となっていく。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170517203130p:plain

(出典:『転生したら剣でした』)

 

終わりに

というわけで、転生系の少し変わった漫画である『転生したら剣でした』を紹介した。

とある男が死に、”剣”に転生したところから物語が動き始める。

二人は剣のスキルを使って、異世界で成り上がっていくことになる。

『転生したら剣でした』は、剣と猫耳少女が大暴れしていくファンタジー漫画となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170517203156p:plain

(出典:『転生したら剣でした』)

 

関連記事

 

dokusyo geek ki