漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

山中で自給自足を目指す漫画家のリアル奮闘記『まんが 新白河原人 ウーパ!』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

30年間漫画を書き続けてきた、47歳の漫画家・もりむら。

次回作のアイデアを考えていて、思いついた。

電気もガスも水道もない未開の山で、自給自足の安楽生活を送ろう!

手付かずの山林で、野菜や家畜を育てて、山菜をとり、さらには家まで自作をする。

そんな、生活を夢みて動き始めた。

しかし、そこには、都会暮らしとはかけ離れた、想定外の事態が待ち受けていた。

山中で自給自足を目指す漫画家のリアル奮闘記が描かれたコミックエッセイとなっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161026070210p:plain

(出典:『まんが 新白河原人 ウーパ!』)

 

「まんが 新白河原 ウーパ!」のここが面白い

”原人”生活に憧れて...

漫画家・もりむらは、突然自給自足の生活をアイデアを思いつく。

昔の人たちは、電気もなくたって普通に暮らしていた。

未開の山に身一つで入植して、自分だけの自給自足生活を遅れば楽しいのではないか!

そんな”原人生活”をすることを閃いて、実際に動き始めた。

彼の追い求めた理想の先には、”最高”の生活が待っている......はずだった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161026070210p:plain

(出典:『まんが 新白河原人 ウーパ!』)

 

ゼロからの山暮らし...。まずは山林から始める

山での自給自足生活を始める上で、どこの山林で生活をするのか、一切のあてはない。

そこでまずは、住むことができる山探しから始めた。

しかし、そんな簡単に、素人が突然住み始められるような日本広しといえどもそう多くはない。

自給自足の山生活は、始める前から大困難に直面してしまう。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161026070210p:plain

(出典:『まんが 新白河原人 ウーパ!』)

 

どんどんとレベルアップしていく能力

様々な困難には、直面しつつもなんとか山暮らしを始める。

まずは、草を刈り、木を切って、土地を開くところから始める。

最初は苦戦をしまくって、何も変わらないような日々が続いていくのだが、経験を積んで、徐々に山暮らしのスキルがアップしていき、畑を作り、家を作り、炭焼き小屋を作り、さらにはサウナを作りとどんんと凄まじいことになっていく。

作者の成長っぷりも凄まじい山暮らしコミックエッセイとなっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161026070210p:plain

(出典:『まんが 新白河原人 ウーパ!』)

 

終わりに

というわけで、ゼロから始めた山暮らしの日々を描いたコミックエッセイの『まんが 新白河原人 ウーパ!』を紹介した。

どこの山林で生活をするのか、一切のあてはない状況から山暮らし生活始まっていく。

手付かずの山林で、野菜や家畜を育てて、山菜をとり、さらには家まで自作をする。

『まんが 新白河原人 ウーパ!』は、山中で自給自足を目指す漫画家のリアル奮闘記に興味がある人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161026070210p:plain

(出典:『まんが 新白河原人 ウーパ!』)

 

関連記事

 

 

dokusyo geek ki