漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

2016-05-06から1日間の記事一覧

ピアノ調律師として生きる青年の成長を描いた物語『羊と鋼の森』【小説感想】

才能があるから生きていくんじゃない。 そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。 もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。

異常な性癖を持った殺人鬼が出現。叙述トリックが美しい作品『殺戮にいたる病』【小説感想】

< 蒲生稔は、逮捕の際まったく抵抗しなかった。 稔は、警察でもまったくおとなしく、質問されたことにはすべて答えた。 六件の殺人と一件の未遂について詳細に自白し、弁護士は国選で構わないと付け加えた。