漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

漫画名言

【画像付き】『キングダム』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『キングダム』) 紀元前の中国大陸で国家「秦」が中国統一を目指す物語が『キングダム』である。 歴史の忠実な描写や迫力あるアクションで人気が有る作品だ。

【画像付き】『シャンクス』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『ONE PIECE』) 世界一売れている漫画『ONE PIECE』。 海賊王を目指すモンキー・D・ルフィとその仲間たちが大冒険を繰り広げる。

【画像付き】『バクマン。』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『バクマン。』) クラスメイトの真城最高と、高木秋人はコンビを組んで漫画家になることに決めた。 目指すは日本一売れている漫画雑誌、「週刊少年ジャンプ」のトップクラスの漫画家である。

【画像付き】『ドフラミンゴ』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『ONE PIECE』) 世界一売れている漫画『ONE PIECE』。 海賊王を目指すモンキー・D・ルフィとその仲間たちが大冒険を繰り広げる。 ワンピースにはここぞというときに、かっこいいい台詞、泣ける台詞が数多く登場する。

【画像付き】『トニートニー・チョッパー』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『ONE PIECE』) 世界一売れている漫画『ONE PIECE』。 海賊王を目指すモンキー・D・ルフィとその仲間たちが大冒険を繰り広げる。 ワンピースにはここぞというときに、かっこいいい台詞、泣ける台詞が数多く登場する。

【画像付き】『鋼の錬金術師』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『鋼の錬金術師』) 『鋼の錬金術師』は、体を失った二人の兄弟の物語である。 舞台は”錬金術”のある世界。 兄・エドワード・エルリック、弟・アルフォンス。

【画像付き】『うしおととら』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

蔵の中に、500年も閉じこめられていた妖怪。 ヤツはその昔、人を食い、悪業の限りを尽くしていた。 ひょんなことからその妖怪を解き放ったのが、蒼月潮。

【画像付き】『ミホーク』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『ONE PIECE』) 世界一売れている漫画『ONE PIECE』。 海賊王を目指すモンキー・D・ルフィとその仲間たちが大冒険を繰り広げる。 ワンピースにはここぞというときに、かっこいいい台詞、泣ける台詞が数多く登場する。

【画像付き】『NARUTO -ナルト-』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『NARUTO -ナルト-』) 木ノ葉隠れの里にいる、忍者学校の問題児、ナルト。 里の嫌われ者の彼が、里を束ねる長・火影を目指して日々奮闘していく物語が『NARUTO -ナルト-』である。

【画像付き】『宇宙兄弟』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『宇宙兄弟』) 幼い頃から宇宙に恋い焦がれ続けてきた兄弟の兄・六太と弟・日々人。 そんな二人が大人になって、宇宙へと向かって前進していく漫画『宇宙兄弟』。

【画像付き】『白ひげ』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『ONE PIECE』) 世界一売れている漫画『ONE PIECE』。 海賊王を目指すモンキー・D・ルフィとその仲間たちが大冒険を繰り広げる。

【画像付き】漫画の名言・名シーンのおすすめを紹介。漫画ででてくるカッコいいセリフ、感動的なセリフ

時代を超えて、漫画はあらゆる世代の人に読みつがれている。 少年コミック、少女コミック、青年コミックといった作品の中で、スポーツ、SF、恋愛、ミステリー・サスペンス、ギャグ・コメディ、バトル・アクションなどの様々なジャンルの面白い漫画がでている…

【画像付き】『ニコ・ロビン』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『ONE PIECE』) 世界一売れている漫画『ONE PIECE』。 海賊王を目指すモンキー・D・ルフィとその仲間たちが大冒険を繰り広げる。 ワンピースにはここぞというときに、かっこいいい台詞、泣ける台詞が数多く登場する。

【ざわ..ざわ..】『賭博黙示録 カイジ』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

(出典:『賭博堕天録 カイジ』) 借金を負ってしまったカイジがギャンブルでの成り上がりを目指す漫画「賭博黙示録 カイジ」。 社会において完全に「負け組」だったカイジが、戦いを通じて少しづつ希望の光を取り戻していく。

【画像付き】『弱虫ペダル』名言・名シーン・名セリフおすすめランキング

総北高等学校の新入生・小野田坂道は秋葉原を愛するオタク少年。 オタクグッズを求めて片道45km、往復90kmの道のりを毎日のようにママチャリで通い続けていた。 小野田のこの習慣がまさかの競技で役立つことになる。