ピアノ調律師として生きる青年の成長を描いた物語『羊と鋼の森』【小説感想】

才能があるから生きていくんじゃない。 そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。 もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。