漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

田舎暮らしの中堅冒険者が出会った少女はスライムの中にいた!?『29歳独身中堅冒険者の日常』【漫画感想】

スポンサーリンク

 

白銀等級冒険者のシノノメハジメは、とある田舎の村の”村付”冒険者として住み込みで仕事をしている。

今日も一仕事をしようと村の近くにあるダンジョンへと行くと、その中でスライムに食べかけられている子供冒険者の少女・リルイに出会った。

保護者から捨てられてしまった彼女は、一人で生き抜こうと無謀な冒険をしていたのであった。

一匹狼としてずっと暮らしていたハジメだったが、親に捨てられ、身寄りのない彼女を放っておくことも出来ず、なんだかんだでリルイと共同生活をして、育てていくことになる。

一人の青年と少女のファンタジーな世界での冒険の日々を描いたほっこりする漫画である。

心温まるストーリーを楽しめる作品になっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161026070210p:plain

(出典:『29歳独身中堅冒険者の日常』)

 

「29歳独身中堅冒険者の日常」のここが面白い

白銀等級冒険者のシノノメハジメ

シノノメハジメは29歳、独身のとある田舎の”村付”冒険者である。

村付冒険者とは、とある村に住み込んでその村の仕事を専門に請け負って行く冒険者の事である。

彼は、白銀等級の称号をもつ優れた冒険者でありながらも、あまり好まれないような仕事も地真面目にこなしている。

今日の仕事は、ダンジョンにいるイノシシのモンスターの肉を取りにいく事である。

しかし、そんな彼の目の前にとんでもない光景が飛び込んできた。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161026070210p:plain

(出典:『29歳独身中堅冒険者の日常』)

 

ダンジョンで見てしまった異様な光景

彼がみた光景、それはスライムに丸呑みされている一人の子供である。 

ダンジョンの中に子供が一人でいるはずがない。

目の前の光景に驚いたハジメだったのだが彼はこの子供を救出する。

少女は、リルイと名乗った。

この珍妙な出会いがハジメの冒険者人生を大きく変えていく事になる。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161026070210p:plain

(出典:『29歳独身中堅冒険者の日常』)

 

天真爛漫な子供冒険者・リルイ

リルイは、体に眠っていたとある特殊体質が原因で保護者から捨てられてしまった。

彼女は、一人で生きていく為に”子供冒険者”としてダンジョンに潜ったのだがあっさりと最弱モンスターであるスタイムにやられてしまった。

そして、ハジメに救われて共同生活を送る事になる。

その中で、冒険者としてのイロハも教えられていく。

 明るくて、天真爛漫だが、ときに無謀なリルイはハジメの日常に様々なトラブルを巻き起こしていく事になっていく。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161026070210p:plain

(出典:『29歳独身中堅冒険者の日常』)

 

終わりに

というわけで、独身冒険者と一人の少女のファンタジーな日常を描いた漫画である『29歳独身中堅冒険者の日常』を紹介した。

リルイと同い年の子供たちやハジメの友人冒険者たちなどの愉快な人物たちも数多く登場してくる

基本的に作品はゆるい雰囲気で進んでいく。

『29歳独身中堅冒険者の日常』は、ファンタジーな世界での日常系の作品に興味がある人には、おすすめの作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161026070210p:plain

(出典:『29歳独身中堅冒険者の日常』)

 

 

dokusyo geek ki