漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

【画像付き】ワンピース・アラバスタ編の名言・名シーンを紹介!

f:id:dokusyo_geek_ki:20160626191910p:plain

(出典:『ONE PIECE』)

 

「ONE PIECE(ワンピース)」のアラバスタ編は、グランドラインに入ってすぐ部分です。

コミックスでは(12巻〜24巻)部分までに相当します。

アラバスタ編では、七武海のクロコダイルを相手にして、アラバスタ王国の存亡をかけた戦いをしていきます。

巨人が住む太古の島「リトルガーデン」、雪の島「ドラム島」などを経由していき、砂漠の国「アラバスタ王国」へと向かっていきます。

アラバスタ王国の王女・ビビと共に航海をしていき、チョッパーやロビンを仲間にします。

ここでは、そんな「ワンピース アラバスタ編」の名言、名セリフ、名シーンを画像付きでまとめてみました。

心に響く言葉の数々を見ることができます。

それでは、どうぞ。

 

 

 

アラバスタ編の名言・名シーン

またケンカしよう!!!!

 

 

勝負の...... 邪魔だァ!!!

 

 

私に向けないでくれる?

 

 

それが この船の”最高速度”でしょう!!?

 

 

だっで ごの世に治ぜない病気はないんだがら!!!!

 

 

世界で一番偉大な医者がくれた名前だ!!!!

 

 

...あら 男をくどくのに 許可が必要なの?

 

 

ほらな 折れねェ

 

 

そんなのほめられても嬉しくねェよ!! コノヤローが

 

 

うるせェ!!! いこう!!!!

 

 

男だ!!!!

 

 

おれとお前の能力じゃ勝負はつかねェよ

 

 

よろしく頼むよ......

 

 

おれ達の命くらい一緒に賭けてみろ!!! 仲間だろうが!!!!

 

 

残念 ハズレ

 

ビビを暗殺しようとするバロックワークスに対して、麦わらの一味の面々は、顔を隠して身代わりとなった。

誰がビビかわからない状況で、追いかけてきた敵に対して正体を表したシーンでのセリフがこれである。

全員がニセモノであり、ビビはこの中にはいなかった。

知的な作戦の中でユーモアがあるシーンとなっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20181122003021p:plain

(出典:『ONE PIECE』)

 

船でちゃんと学んだのよ!!! 諦めの悪さなら!!!

 

ルフィたちに協力をしてもらったビビは、戦争が開始する前に反乱軍のところまでたどり着いた。

だが、”反乱”を止めることはできなかった。

絶望的な状況だが、それでもビビは諦めずに、次の策のために動き始める。

”諦めの悪さ”は麦わらの一味の中で、とことん学んだのである。

f:id:dokusyo_geek_ki:20181122003021p:plain

(出典:『ONE PIECE』)

 

仲間の夢を笑われた時だ!!!!

 

 

もうそれ以上 言葉はいらねェハズだぜ...

 

 

足の一本や二本や三本!!! へのカッパ!!!!

 

 

私の夢にはーーー敵が多すぎる

 

 

おれはお前を越えて行く!!!!

 

 

血でも砂は固まるだろ!!

 

 

幸せパンチ!! 一人10万よ♡

 

 

泣く程くやしかったら ...もっと強くなってみせろ!!!!

 

海軍のたしぎは、敵の攻撃方法や場所を知っていたにも関わらずに、それを止めることができずに、援護に回ることしかできなかった。

「正義」の文字を背負いながらも自分には「選べる正義」がなかった。

たしぎは、自分の弱さが悔しくて許せずに涙をした。

その様子を見たスモーカーとのやりとりがこのシーンである。

f:id:dokusyo_geek_ki:20181122003021p:plain

(出典:『ONE PIECE』)

 

もう一度 仲間と呼んでくれますか!!!?

 

 

終わりに

個人的にお気に入りな「ONE PIECE」の「アラバスタ編」の名言・名シーンををまとめてみました。

泣けるシーンや笑えるシーンの多い作品です。

「アラバスタ編」には、ここで紹介した以外にも、様々なキャラクターたちの名言・名セリフ・名シーンがあります。

この記事が、初読や再読のきっかけになったらいいなと思います。