漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

ゾンビ漫画のおすすめ作品を紹介する。おぞましいゾンビたちが闊歩する恐ろしい作品

f:id:dokusyo_geek_ki:20170924192850j:plain

 

ゾンビたちが街中を闊歩していく「ゾンビ漫画」は数多く存在する。

おぞましい姿をしたゾンビたちと激しく戦っていくことになる。

そんな「ゾンビ漫画」の中で、おすすめの面白い作品を厳選してまとめてみた。

ジャンルとしてはホラー漫画、ダークファンタジー漫画などから、少年コミック、少女コミック、青年コミックなどの中から、連載中、完結済みの形式は問わずに名作・傑作・人気作をまとめてある。

それでは、どうぞ。

 

 

 

おすすめの面白い「ゾンビ漫画」まとめ

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

 

 

がっこうぐらし!

 

 

アポカリプスの砦/全10巻

 

 

屍鬼/全11巻

 

 

アイアムアヒーロー

 

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時

 

 

さんかれあ/全11巻

 

ゾンビをこよなく愛する高校1年生・降谷千紘は、ひょんなことから清楚可憐なお嬢様・散華礼弥(さんかれあ)と知り合いになる。

そして彼らは”秘術”を使って一緒に死んだ猫の蘇生に取り組む。

猫の蘇生に成功して、ゾンビ化させることに成功した彼らだったのだが、礼弥が事故によって死んでしまう。

そして、彼女もまたゾンビ化することになってしまった。

人とゾンビの恋愛関係は成り立つのか?

ゾンビがヒロインの人と死体が恋をする青春ラブコメ漫画となっている。

全11巻で完結済み。

f:id:dokusyo_geek_ki:20161021214456p:plain

(出典:『さんかれあ』)

 

魔法少女・オブ・ジ・エンド

 

 

バイバイ人類

 

 

On the way to Living Dead

 

 

東京喰種 ートーキョーグールー

 

 

東京喰種トーキョーグール[JACK]

 

東京13区にて、人を喰らう怪人“喰種(グール)”による捕食事件が頻発。

不良高校生の富良太志は、友人が巻き込まれた事件を追うために、若き日のエース捜査官・有馬貴将と、喰種「ランタン」を追うが…!?

エース捜査官・有馬貴将と、7区上等捜査官・富良太志が出会うきっかけになったエピソード。

人間しか食糧にできない喰種と、普通の人間の戦いを描く。

勧善懲悪ではなく、喰種も助けたくなってしまう。

誰も悪くないが、何が正解なのかわからない。そんな、考えさせられる物語。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160501175911p:plain

(出典:『東京喰種トーキョーグール[JACK]』)

 

東京喰種トーキョーグール:re

 

群集に紛れ、ヒトの肉を喰らう。ヒトの形をしながら、ヒトとは異なる存在“喰種(グール)”。

“喰種”を駆逐・研究する組織であるCCGは、あるひとつの命題を果たすため、実験体集団「クインクス」を新設した。

「まともな人間」ではない彼らは、喰種を駆逐するために敵の力も使いながら戦っていく。

そして、佐々木琲世一等捜査官はクインスクを率いている。

しかし、彼の過去には、彼自身も忘れてしまっている隠された真実があった。

『東京喰種 ートーキョーグールー』の続きの物語が描かれている作品となっている。

f:id:dokusyo_geek_ki:20170924201310p:plain

(出典:『東京喰種トーキョーグール:re』)

 

亜人

 

死なない生物、亜人。

戦死、事故死、病死、自殺...人間なら死亡するはずの傷を負っても決して死なない。見た目は人間と同じで、生きている間には自分が亜人だとは気づくことができない。

死んで初めて亜人だとわかる。

少年、永井圭は自身の不注意によりトラックに轢かれ事故死してしまった。だが、次の瞬間生き返り、圭が亜人であることが発覚した。

目撃者は多数。圭は周りの人間たちにその身を狙われ、逃走の日々を送ることとなってしまった。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160527023115p:plain

(出典:『亜人』)

 

ジョジョの奇妙な冒険

 

 

彼岸島

 

 

まとめ

というわけで、ゾンビたちが街中を闊歩していく「ゾンビ漫画」をまとめてみた。

おぞましい姿をしたゾンビたちと激しく戦っていくことになる。

ジャンルとしてはホラー漫画、ダークファンタジー漫画などを中心にして、少年コミック、少女コミック、青年コミックなどの中から、連載中、完結済みの形式は問わずに名作・傑作・人気作をまとめてある。

興味がある作品があればぜひ読んでみてください。