読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

3Dプリンタが”未来”を創り出す『SFを実現する 3Dプリンタの想像力』【本感想】

3Dプリンタなどのデジタル工作機械がグローバル・インターネットとつながったとき、いったいどのような世界が実現するのか? 通常のプリンタは、2次元の紙に印刷物を作り出す。 それに対して、「3Dプリンタ」は、3Dのデータを基にして3次元の物体を作り出し…

すべての革命は一人の仮説から始まる『ぼくらの仮説が世界をつくる』【本感想】

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』『働きマン』など、ドラマ化、映画化された大ヒット漫画は、一人の編集者によって生み出された。 講談社で編集をした後に、作家エージェント会社「コルク」を起業した経営者でる佐渡島庸平によって、自分の編集技術や本の未来、大…

アニメ監督・押井守によるコミュニケーション論・日本人論『コミュニケーションは、要らない』【本感想】

コミュニケーションとは一体何なんだろうか? Twitter、Facebookをはじめとして、SNSなどが席巻している今、コミュニケーションの形が大きく変わってきた。 「攻殻機動隊」を始めとして様々なアニメを作ってきた、日本を代表するアニメ監督の押井守による「…

政権奪還のために暗躍したデータ解析技術『情報参謀』【本感想】

2009年、自民党は政権を失ってしまった。 政権を持っている党とそうでない党では、世間からの知られ方も扱われ方も全く違ってくる。 「1日でも早く、政権を取り戻したい」

炭水化物が人類、最恐の敵である!糖質カットダイエットの科学的理論『炭水化物が人類を滅ぼす~糖質制限からみた生命の科学~』【本感想】

糖質は人類にとって神か、それとも悪魔なのか。 炭水化物や砂糖類に多く含まれている「糖質」。 人類は、この糖質を効率よく入手できるようになったことによって発展をして、豊かな生活をしてくることができた。

神話はなんのために生まれ、何を語ろうというのか?『神話の力』【本感想】

ギリシャ神話、ローマ神話など、世界には様々な神話が存在している。 世界中の民族がもつ独自の神話体系には共通の主題や題材も多く、社会の見えない基盤となっている。 神話はなんのために生まれ、現代人に何を語ろうというのか?

川上量生による”ネットの未来”の予言書「鈴木さんにも分かるネットの未来」【本感想】

いまやネットなしには毎日はありえない。 そのネットの世界では今、何が起きているのか? ネットの世論とは何か?コンテンツは、国境を越えているのか? 書籍やテレビ、新聞を凌駕するのか?

『ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか』【本感想】

「もし本気で長期的な人類の発展を望むなら、ただの140 文字や“永遠の15 分” を超えた未来について考えなければならない。 ZERO to ONE はシリコンバレーを教科書に、難題を克服してこれまで存在し得なかった偉大な物事を築きあげるための本だ」

昆虫たちは狩猟採集、農業、牧畜、建築、戦争から奴隷制をしている『昆虫はすごい』【本感想】

人がやっている行動や、築いてきた社会・文明によって生じた物事は、ほとんど昆虫が先にやっている。 狩猟採集、農業、牧畜、建築、そして戦争から奴隷制、共生まで、彼らはあらゆることを先取りしてきた。 繁殖行動も面白い。

本を読む時は、はじめから終わりへと読む。ビジネスの経営はそれとは逆だ『プロフェッショナルマネジャー 58四半期連続増益の男』【本感想】

アメリカのコングロマリット(巨大多国籍企業)ITTのCEOとして14年半も増益を続けた 「経営の鬼神」ハロルド・ジェニーンの経営回顧録。 経営者にとって、様々な勉強となる方法論の数々が書かれている。

”教養”こそがグローバルビジネスでの最強の武器である『人生を面白くする 本物の教養』【本感想】

教養とは人生における面白いことを増やすためのツールであるとともに、グローバル化したビジネス社会を生き抜くための最強の武器である。 その核になるのは、「広く、ある程度深い知識」と、腑に落ちるまで考え抜く力。 そのような本物の教養はどうしたら身…

なんでもショウユに突っ込むから、日本食なんて全部同じ味だ『英国一家、日本を食べる』【本感想】

「おまえに、日本料理の何がわかるっていうんだよ。えっ?」 とある日本人と、料理について語り合っていたイギリス人は、こう吐き捨てるように言われてしまった。 日本食に対して興味なんてない。確かに、日本食の理解が浅いかもしれない...。

政権を裏からあやつる怪しげな組織...?『日本会議の研究』【本感想】

安倍政権における閣僚のほとんどが所属している「日本会議」。 政権を裏から操る、影の権力者とも噂されている。 「日本会議」は、誰のために何をなそうとしているのか? 「日本会議」の実態にスポットライトを当てたのがこの本である。

他人に気持ちよく行動してもらうには?『人を動かす』【本感想】

仕事でも趣味でも、人間が一人でできることなど大したものはない。 成功を手にするためには、部下、上司、友人、恋人、家族などの「人を動かす」ことが必要である。 他人を、自分のやりたいことに対して気持ちよく行動してもらうにはどうすればいいのだろう…

リーダーへ、そしてゼロから何かを生み出そうともがき苦しむ人『HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか』【本感想】

シリコンバレーで一番注目されるベンチャーキャピタル、アンドリーセン・ホロウィッツの創業者のベン・ホロウィッツ。 彼は、クラウド企業のラウドクラウド社やオプスウェアのCEOを務めた。 起業家時代のホロウィッツには、これでもかというほどの困難が次々…

「あなたの思う、世界最高の美女とは?」文章の持つ禁断の力『人を操る禁断の文章術』【本感想】

メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」。 その文章術の軸となるのは、「読み手の見たい現実を見せてあげる」という、相手の心理を先回りした「想像力を刺激する」書き…

経営者・松下幸之助による座右の書『道をひらく』【本感想】

言わずも知れた、著名な経営者・松下幸之助。 その考え方、発想法、生き方は経営者をはじめとして、あらゆる年代、あらゆる職種のビジネスマンに影響を与えてきた。 この本は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。

ネット言論には「田原総一郎」が必要だ『ニコニコ超トークステージ ネット言論はどこへいったのか?』【本感想】

「ニコニコはテレビに負けた?」 「テレビ業界はネットを研究している」 「なぜポスト田原総一朗がいないのか」

消えゆく会社に残った最後の社員たちの物語『しんがり 山一證券最後の12人』【本感想】

負け戦のときに、最後列で敵を迎え撃つ者たちを「しんがり」と言う。 自らを犠牲として、最後まで戦場に残って味方の退却を助けるのだ。 四大証券の一角を占める山一證券が自主廃業を発表したのは、1997年11月のことだった。

ひどい名前、キョーレツな姿、女王君臨の階級社会『ハダカデバネズミ―女王・兵隊・ふとん係』【本感想】

ハダカデバネズミ ひどい名前、キョーレツな姿、女王君臨の階級社会。 動物園などで人気急上昇中の珍獣・ハダカデバネズミ。 その珍獣にとりつかれた研究者たちが、ハダカデバネズミの魅力を存分に語り尽くしたのがこの本である。

ダジャレあり、ツッコミあり、説教あり。裁判官の人間味あふれる言葉の数々『裁判官の爆笑お言葉集』【本感想】

「死刑はやむを得ないが、私としては、君には出来るだけ長く生きてもらいたい」(死刑判決言い渡しの後で)。 裁判官は無味乾燥な判決文を読み上げるだけ、と思っていたら大間違い。 ダジャレあり、ツッコミあり、説教あり。

人間が生きている意味、人生の目的はどこにあるのか?『生き方』【本感想】

二つの世界的大企業・京セラとKDDIを創業し、JALを再生に導いた日本を代表する「経営のカリスマ」稲葉和夫。 その成功の礎となった「人生哲学」をあますところなく語りつくした一冊がこの本である。 人間が生きている意味、人生の目的はどこにあるのか?

無農薬リンゴを作った男『奇跡のリンゴ「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録』【本感想】

絶対に不可能といわれてきたリンゴの無農薬栽培を成し遂げた男がいた。 彼の名は、「木村秋則」。青森県でリンゴ栽培を営んでいる。 そんな彼が、あるときにリンゴの無農薬栽培をすることを思いつき、挑戦を始めた。

脳を理解すれば、集中力、記憶力、モテ力、アイデア力、強運力...が上がる!『あなたの脳のしつけ方』【本感想】

仕事、恋愛、人間関係、どんなことでもうまくいかない原因は全て「脳」にある。 「脳」は人間の全ての行動を決定する司令塔であり、人間は「脳」に支配されている。 この「脳」は複雑なようで、実は意外と単純にできている。

”ビジョンはいらない”LINE元CEO・森川亮の発想法「シンプルに考える」【本感想】

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を徹底的に考える。 そして、本当に大切な1%に100%集中する。 シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない。

大前研一の発想法、思考法の原点がつまった戦略的頭脳養成バイブル『企業参謀』【本感想】

今こそ戦略的思考が必要だ!ここに大前研一の原点がある。 世界が混沌として先行きは不明。「次は”何が”くるのか?」「自分の会社はどこへ向かっていけばいいのか?」何一つとして指針がないカオスな時代が到来している。

金持ちになるために必要なたった1つの方程式、3つの変数「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」【本感想】

「金持ちになりたい」 という願いは老若男女、国籍問わず誰もが持っている欲望である。 人は人生において、金に関する多くの悩みを抱えることになり、大多数の人はその悩みを解決することができずに死んでいく。 どうすれば「金持ち」になれるのか?

「サイバーエージェント社長」と「雀鬼」が語る”運”をものにする習慣『運を支配する』【本感想】

なぜ運は特定の人に集中するのか? 東証一部上場のベンチャー企業社長と無敗伝説を持つ雀鬼が突き詰めた”ツキの極意”。 人生におけるあらゆる勝負の場において、なぜ何をやってもツイていて勝ち続けている人とツイておらずにたまにしか勝てない人がいる。

国境は君のなかにある!『君はどこにでも行ける』【本感想】

世界は変わる、日本も変わる、君はどうするのか? この20年間、世界史のレベルで俯瞰しても、かつてないぐらい変化に富み、技術革新のスピードの速い20年間だった。 最大の変化はグローバリズムの台頭である。

「グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 」【本感想】

ネットには次々と新技術が生まれるのに、日本の特に大企業はIT化に乗り遅れてしまっている。 その理由は、グーグルが提供する検索エンジンや広告ツールに依存し、アマゾンのトップページやレコメンド機能を表面だけ真似して満足する、そんな企業が多すぎるか…

総理復活の裏舞台。そこには隠されたドラマがあった『総理』【本感想】

そのとき安倍は、 麻生は、菅は−−−。 綿密な取材で生々しく再現されるそれぞれの決断。 迫真のリアリティで描く、政権中枢の人間ドラマ。

「夏野剛」×「猪子寿之」の対談。日本のIT企業を引っ張ってきたものたちが見る未来『「大企業の時代」は終わったか』【本感想】

アーティスト集団「チームラボ」の代表・猪子寿之とiモードの生みの親でドワンゴの取締役の夏野剛による対談本。 「情報革命」が起こっている現代。 恐ろしい速度で進歩するITの発達により、それについていける人や企業とついていけない人たちで勝ち組、負…

人生や仕事で成功をつかむためのヒントが詰まった一冊「仕事は楽しいかね?」【本感想】

”仕事は楽しいかね?” 35歳の「私」は偶然出会った老人に、こう聞かれてギクリとしてしまった。 日々の仕事に行き詰まりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一晩だけの講義を開始する。

混沌とした世界情勢を見据えた予測本「大前研一 日本の論点2016~17」【本感想】

混沌とする社会に世界情勢。 年金制度の破綻、アベノミクスの先行きの見えなさ、TPPの迷走、中国経済の成長の停滞、少子化問題などなど日本や世界には問題が山積みである。 2016年から2017年に世界はどう変化していくのか?

日本人IT起業家20人のリアルすぎる成功ストーリー『未来をつくる起業家 ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~』【本おすすめ】

成功したスタートアップ、ベンチャー企業の起業家たちはいかにして様々な困難を乗り越えてきたのか? 「Gunosy」木村 新司、「BizReach」南 壮一郎、「Lancers」秋好 陽介、「ChatWork」山本 敏行など、これからの日本のIT業界を引っ張っていくであろう企業…

「Twitter」を生み出した人物はいない?「ツイッター創業物語」【本感想】

世界3億人が利用する「つぶやき」のサービスはいかにして生まれたのか? 「140文字のつぶやき」はどのようなプロセスをへて世界中の人々に支持されるようになったのか?

日本は起業家にとっては”甘い国”である『起業のファイナンス』【本感想】

事業計画、資本政策、企業価値、IR、コーポレートガバナンス、社外取締役など起業に必要な知識は数多くある。 普通に仕事をしているだけではこれらの知識は身につかず、いざ勉強しようにも、どこからどう手をつけていいのかわからないもの。

電撃文庫のとある編集の仕事目録『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録』【本おすすめ】

「とある魔術の禁書目録」「ソードアート・オンライン」「灼眼のシャナ」「魔法科高校の劣等生」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」といったアスキー・メディアワークスの電撃文庫から刊行されてきた大人気小説たち。

最先端をゆく社長たちの本棚の中身とは『新世代CEOの本棚』【本おすすめ】

ホリエモン、LINE元CEO、ミクシィ元CEO、ユーグレナ社長、ガンホー創業者など時代の最先端をゆくCEO10人がみずからの本棚から愛読書を公開したのがこの『新世代CEOの本棚』である。 最新ビジネス書から理系書、歴史書にマンガまで彼らが成功を手にするまでに…

ベンチャー企業の起業から破綻までのノンフィクションの物語『社長失格』【本おすすめ】

1つのベンチャー企業が破産宣告を受けて倒産した。 負債総額三十七億円。 インターネットを使った新サービスで脚光を浴びた、ハイパーネットという企業である。

「高福祉国家」「教育大国」北欧の国・フィンランドの真実『国家がよみがえるとき』【本おすすめ】

フィンランドという国に対してどんなイメージをもっているだろうか? 北欧に位置し、森林の広がる国家でサンタクロースの故郷とも言われる。 社会福祉では「高負担・高福祉」の国として知られ、税金は高いがその代わりに社会福祉は充実していて死ぬまで国に…

堀江貴文と成毛眞が”未来”を語る対談本『儲けたいなら科学なんじゃないの?』【本感想】

現在はロケット開発に打ち込む堀江貴文氏と、元日本マイクロソフト社長の成毛眞氏。 「科学脳」を持つふたりの天才が、宇宙開発、エネルギー、脳科学、自動車、テレビなど、いま注目を集める科学分野についてとことん語り合う。 起業、ビジネスは「サイエン…

サイバーエージェントの創業期の物語『渋谷ではたらく社長の告白』【本感想】

21世紀を代表する会社を作りたい。 「アメーバブログ」などのサービスが有名なインターネット広告代理店で、今では大きな会社となったCyberAgent(サイバーエージェント)。そして、その会社の創業者で社長の藤田晋さん。

プログラマーほど効率・速度を重視する仕事はない『最速の仕事術はプログラマーが知っている』【本感想】

最速。 それはプログラマーなら誰もが心がけているキーワードである。プログラマーほど効率・速度を重視する仕事はない。 また、プログラマーは個人の能力に対して仕事の質、量が大きく左右されすぎる仕事なので、効率・速度を重視せざる得ないのだ。

鬱、犯罪、馬鹿は遺伝する。『言ってはいけない 残酷すぎる真実』【本感想】

最初に断っておくが、これは不快な本だ。だから、気分よく一日を終わりたひとは読むのをやめたほうがいい。 世の中には知りたくもなければ信じたくもない”真実”が数多く存在する。

アルファ碁の勝利を百田尚樹、川上量生が語る『対談 百田尚樹×川上量生「人工知能が最強囲碁棋士を超えた日」』【本感想】

「コンピュータが人間に勝つには、あと10年かかる」と言われていた囲碁。 しかし、2016年3月、グーグル傘下のディープマインド社が開発した人工知能「AlphaGo」が、世界トップランクのプロ棋士イ・セドル九段を4勝1敗で打ち負かし世界中を驚かせた。

コンサルタントから経営者へ。DeNAの創業期の実話『不格好経営 チームDeNAの挑戦』【本感想】

それにしても、マッキンゼーのコンサルタントとして経営者にアドバイスをしていた自分が、これほどすったもんだの苦労をするとは……。経営とは、こんなにも不格好なものなのか。だけどそのぶん、おもしろい。最高に。 DeNA創業者・南場智子が初めて明かす、奮…

ニコニコ動画はゲームから学んだ思考法から生まれた『ルールを変える思考法』【本感想】

ニコニコ動画の生みの親の川上量生さんは自他共に認めるゲームオタクで、「日本でも数百人程度しか遊んでいなかったというボードゲームを手始めに、ゲーム機やPCのシミュレーションゲームによって思考力や発想が鍛えられた」と語る。

日本のヘンを語り尽くす『ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」』【本感想】

おかしいのはオレたちなのか?ニッポンか。 元ライブドア社長のホリエモンと、元2ちゃんねる管理人のひろゆき、“時代の寵児”ふたりが、格差社会・政治・裁判・メディア・お金・IT・教育からAV・風俗までニッポンの“ヘン”を語り尽くす。

SEO対策の基礎が一通り学べる本『いちばんやさしい新しいSEOの教本』【本感想】

SEO(Search Engine Optimization)は検索エンジン最適化と翻訳される単語で、言ってしまえばGoogleの検索結果において特定のキーワードでいかに検索上位に表示するかの手法である。 webページを作った初心者が「SEO対策」などのキーワードで検索すると数多…

dokusyo geek ki