読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画ギーク記

漫画を中心にしたおすすめの面白い本について書いています

石黒正数のおすすめの面白い漫画を紹介する

おすすめ本 おすすめ本-マンガ・コミック

♤ オススメの記事一覧 ♤
1. おすすめ全5巻以内完結の面白い漫画
2. おすすめの面白いミステリー小説まとめ
3. 無料漫画読み放題のおすすめ漫画アプリランキング

スポンサーリンク

 

石黒正数は「それでも町は廻っている」が代表作の漫画家である。

普通のキャラクターたちの生活をコミカルに描く日常系の作品が持ち味である。

そんな石黒正数のおすすめ作品をまとめてみた。

それではどうぞ。

 

石黒正数おすすめ漫画一覧

それでも町は廻っている

 

人情あふれる丸子商店に存在するメイド喫茶「シーサイド」。

ありふれた町のちょっとおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられるドタバタ活劇。

女子高生探偵に憧れる天然少女・嵐山歩鳥とその愉快な仲間たちが織り成す物語となっている。

基本的に一話完結の短編が続いている。

日常系とミステリーが融合した作品。 

f:id:dokusyo_geek_ki:20160406141728p:plain

(出典:『それでも町は廻っている』) 

 

外天楼

 

物語は「外天楼」と呼ばれる集合住宅を中心に進んで行く。

建物は増築と改築を重ねて迷路のような構造になっており、訪れるものを惑わせる。

この「外天楼」に住む一癖ある住人達にスポットライトが当てられる。

外天楼で起こる大小の謎が解き明かされていく。

ミステリー要素と人間ドラマの複合した短編集。

一巻完結。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160406141323p:plain

(出典:『外天楼』) 

 

探偵綺譚 石黒正数短編集

 

『それでも町は廻っている』の「嵐山歩鳥&紺双葉」先輩後輩コンビが、友人失踪のミステリーに挑む表題作「探偵綺譚」。

フジテレビ系「世にも奇妙な物語」の原作にも起用された「スイッチ」。

思春期のエロスを描いた『14歳 性の相談室』など、石黒正数の多彩な魅力を満喫できる全11作品+αが収録されている短編集。

一巻完結。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160413234045p:plain

(出典:『探偵綺譚 石黒正数短編集』)

 

ポジティブ先生 石黒正数短編集 2

 

石黒正数短編集第2弾。

正義のヒーローたちの譲り合いを描いた「ジャスティス・ジャスト」。

人類初のアンドロイドにお使いに行かせたら大変なことが起きた「ネジまで愛して」。

悪の組織「デーモンナイツ」の基地が大変なことになる物語など全8編が収録される。

一巻完結。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160703012358p:plain

(出典:『ポジティブ先生 石黒正数短編集 2』)

 

ネムルバカ

 

大学の女子寮で同じ部屋に住むの先輩と後輩。

バンド活動に打ち込む先輩は、いつも金欠ピーピー状態。

これといって打ち込むもののない後輩はバイトの日々…。

ぬるま湯に頭まで浸かったような、でも当人にはそれなりに切実だったりもする「大学生」という不思議な時間を切り取った作品になっている。

ぐるぐる廻る青春のアレやコレやを描いた大学生日常ストーリー。

一巻完結。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160406140612p:plain

(出典:『ネムルバカ』)

 

響子と父さん

 

『響子と父さん』の「響子」と「父さん」は親子である。

二人とその家族である「岩崎家」を中心としたドタバタ日常系作品となっている。

父さんがかなりの天然気味で電気屋さんでトラブルを起こしてみたり、警察に連行されてみたりとしてしまう。

それを娘がカバーしてといった感じの流れになっている。

実は『ネムルバカ』と繋がりがあり、『ネムルバカ』の先輩が「岩崎家」の妹となっている。

時系列的には『ネムルバカ』の後に位置する。

一巻完結。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160406135437p:plain

(出典:『響子と父さん』)

 

Present for me 石黒正数短編集

 

島に取り残された超能力者の少年少女のサバイバル生活を描いた「ススメサイキック少年団」。

世紀末の世界での人間とロボットの友情を描く表題作「Present for me」。

”なげわ”だけが唯一の特技のおじさんの話「なげなわマン」など全7編が収録される短編集。

最初期の作品が収録されている全一巻の作品。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160628214720p:plain

(出典:『Present for me 石黒正数短編集』)

 

木曜日のフルット

 

人間のようなネコとネコのような人間のゆるく楽しいスローライフ。

人間から食べ物をもらったり、部屋で寝泊まりしているけど自称ノラネコのフルットと定職につかずギャンブルばかりしている鯨井先輩の日常生活が描かれている。

ギャグテイストの作品で、でてくるキャラクターが魅力的な漫画。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160722190748p:plain

(出典:『木曜日のフルット』)

 

最後に

というわけで石黒正数のおすすめ作品をまとめてみた。

連載中と完結済みの漫画の両方が含まれているが、どれも面白い名作・傑作・人気作ばかりである。

普通のキャラクターたちの生活をコミカルに描く日常系の作品が持ち味の作家である。

興味がある作品があれば是非読んでみてください。

f:id:dokusyo_geek_ki:20160413234219p:plain

(出典:『探偵綺譚 石黒正数短編集』) 

 

dokusyo geek ki